集会報告

「一斉休校」情勢のなか、枠組みを越えた参加と討論になった3・6練馬集会

3.6nerima1
 3月6日、改憲・戦争阻止!大行進東京北部は練馬区内で集会を行いました。
 戦争教育に反対し「君が代」不起立を続ける田中聡史さんを招いたこの集会を前にした3月2日から、安倍による公立学校「一斉休校」が始まり、集会のタイトルを急きょ「新型コロナ感染問題ー『一斉休校』で教育は!? 『緊急事態』特措法で改憲へ!?」と変更。集会施設の閉鎖が広がるなか、どうなるかと思いましたが、問い合わせの電話も何件もあり、予想を上回る45人が詰めかけ、「自粛」ムードを打ち破る熱い集会として大成功しました。

 特別支援学校教員である田中さんは、89年の昭和天皇死去から31年、新たな天皇代替わりとオリンピック・パラリンピック開催で一層愛国心教育が強化されようとする状況を報告。また、「安倍の一斉休校要請を聞き、金曜の下校時に休校のプリントを生徒に持ち帰らせなければならなかった」と怒りを込めて語り、「休校以降、特別支援学校については、学童クラブやデイサービスを利用できない家庭の事情に限っては、学校で対応しているが、給食は出ない。そういう中で教員も毎日来て安全管理をしている」と状況を報告されました。

3.6nerima3
田中聡史さん支援の発言をする被処分者の岡田英顯さん

 急きょ駆けつけた「都教委包囲ネット」の方が、「緊急事態」特措法反対のアピールを行いました。「安倍は自らの失政を押し隠そうとして『緊急事態宣言』を出そうとしている。五輪と改憲のための一斉休校で生活が壊される。こんなことを許してはならない。国会前で座り込みを呼びかけて、思った以上に反響がある」。熱いアピールに会場は一つになりました。

 質疑では、4月に小学生になる子を持つお母さんが、卒園式の縮小に対して保護者が団結し園と交渉して、屋外で2次会を行うことになったと報告。「子どもの命を守りながら職場でもがんばりたい」と語りました。また、「どうしても家でみれない子どもは学校で見てもよいとなっているが、机は離され、先生はいても『質問や発言をしてはいけない』。その分学童クラブは満杯」との実態を自治体労働者が報告してくれました。

 夏場でのオリパラ観戦に子どもを連れだす動きに教組が抗議申し入れ、また市民団体が「自由参加すべき」と要求するなどの取り組みも語られ、それぞれの地域での実践が互いのエールとして語られました。不起立を貫く教員の闘いを支えるためにも、保護者や住民が地域から声をあげていこう、と全体で確認されました。
 最高裁で田中さんに対する処分撤回が確定したにも関わらず、都教委は「再処分」をかけようとしています。年末から数度に渡る都教委への抗議申入れに参加してきた被処分者の岡田英顯さんは「再処分は『一事不再理』に反した違反だ。都教委も腐っている」「ウソつき・居直り・隠ぺいの安倍に対して、無気力ではなく闘って状況を変えていこう」と決意を述べました。

3.6nerima7
鈴コン分会の吉本書記長の関西生コン労組支援アピールで、一斉休校と「緊急事態」特措法が改憲攻撃そのものであり、労働組合をめぐる攻防こそが決定的だと明らかとなりました。
百万人署名運動東京北部連絡会の五條敦代表が「いよいよ年貢の納めどき 崖っぷちの安倍に引導を渡そう!」改憲反対アピール。

3.6nerima9
集会冒頭に上映した自衛隊護衛艦「たかなみ」中東派兵反対映像制作を担った青年たちのがんばりが集会を牽引しました。

 今回の集会は、地域のスタンディングなどで知り合った「ストップ改憲!ねりま懇談会」の仲間が、田中さんへの再処分を許さない行動の先頭にたって主催しました。
地域での地道な取り組みと小さくとも鮮明な行動を積み重ねてきたことが、コロナ情勢の中で一気に従来の「壁」を一気にのりこえ、それぞれに活動をしてきた人々とつながり共に学びあい闘う関係を作ることができました。これこそが改憲阻止大行進運動だと実感しています。

 集会の確認をもって、参加者の多くが9日からの「緊急事態」特措法反対の国会前行動に参加しました。「野党共闘」的状況が崩れた今こそ、各地で大行進運動を大胆に進めていきましょう。

「避難できない!東海第二再稼働するな!ビキ ニ事件から66年 3・1 反原発 Meeting」に参加

NAZENいけぶくろブログより転載します。
IMG_20200301_141848

3月1日に東京の杉並区で 「避難できない!東海第二再稼働するな!ビキ ニ事件から66年 3・1 反原発 Meeting」が行われ参加しました。

まず、東海第二原発の5km圏内で150 人が入所する福祉施設を運営する伏屋淑子さんからのビデオメッセージ。伏屋さんは、原発事故が起きた際に「避難できない」という同意書を入所者から取らなければ ならない現実に怒り、「原発がなければ避難す る必要もない」「さっさと廃炉にしろ」と明快に訴えていました。

続いて、福島双葉町からの避難者である 亀屋幸子さんの訴え。
3・11直後の生々しい現実が語られました。事故前に行政などがやっていた避難訓練は全く役立たず、住民には情報も与えられないで放射能の強い方へ逃げざるをえなかった現実。着の身着のままで手を取り合い力を合わせて生き抜いたというエピソードに、避難者を励ますどころか勇気づけられました。

2db0333d-s
二人の訴えを受けて、集会の場で都知事あての要求書をつくるという新しい取り組みが行われました。
参加者それぞれの意見を付箋に書いて、模造紙に貼りなが らまとめていく形式でした。
最終的に、「東電の株主として再稼働に反対すべき」と「地方自治法の精神に則って命を守る活動に予算を回すべき」という2点に要求が絞られました。

各地域から東海原発再稼働反対の声をあげましょう!

11・3日比谷野音での改憲阻止大行進集会で、百万署名運動東京北部連絡会代表が発言

be4e7481-s
11月3日に行われた改憲阻止大行進集会(日比谷野音)で、とめよう戦争への道!百万人署名運動を代表して東京北部連絡会代表の五條敦さんが発言されました。
発言内容を紹介します。


安倍首相は、2012年末に政権に返り咲くとすぐに「改憲」を掲げました。その主張は様々に変遷してきましたが、いまや自衛隊明記に集約されています。今国会の所信表明では、天皇の代替わりと改元にかこつけて、「令和の時代の新しい国創りを、その道しるべとなる新しい憲法を」などとほざいています。

しかし、安倍の改憲スケジュールは、「オリンピックの年」2020年から「私の任期中」2021年秋に後退を余儀なくされています。ゴリゴリの改憲派だけでなく二階幹事長や岸田政調会長まで改憲の旗を振って各地で集会を開いていますが、先週も衆議院憲法審査会が流会になるなど、彼らの思惑どおりには進んでいません。

いま、安倍らの目論見を打ち砕き、改憲を阻止する展望が大きく開かれてきています。百万人署名運動は、自衛隊明記反対、緊急事態条項新設反対を訴える署名に全力で取り組むことで、闘いの一端を担っていきたいと考えています。


62bb3126-s

ただし、明文改憲はなされなくても、様々な局面で憲法の理念は踏みにじられてきました。9条に限っても、集団的自衛権行使容認の閣議決定、日米ガイドラインの改定、戦争法の強行成立、空母など「攻撃的兵器」の保有、辺野古新基地の建設、陸上自衛隊の南西諸島配備、海上自衛隊の中東派兵等々、その蹂躙ぶりは目に余るものがあります。

私たちは改憲阻止に留まらず、こうした動向を根底から覆さなければなりません。西川事務局長の口癖ですけれども、憲法に習熟し、憲法に基づく社会をつくっていきましょう。「第1章 天皇」だけは廃止しなければなりませんが、それでこそ本当の意味での新しい時代がやってくるのだと思います。

そのためには、新しい人とつながることが必要です。いま、国会正門前では総がかり行動実行委員会などが呼びかけた集会が行われていますが、そこに集まっている人たちとも共闘していきたいと思います。

私たち百万人署名運動のモットーは、「小異を残して大同につく」というものです。いまこそその原点に立って、皆さんと一緒に闘っていきたいと考えています。力を合わせて憲法改悪を阻止し、安倍政権を打倒しましょう。




「24時間営業強制」に「本部社員による無断発注」…コンビニ関連ユニオンの元旦ストが社会的注目!

東京北部ユニオンブログより

workers002-550x422
11月3日、日比谷野音で全国労働者集会&改憲阻止!1万人行進が行われた。
その中でも注目を集めたのが、コンビニ関連ユニオンからのアピールだった。
(画像は「ハーバービジネスオンライン」https://hbol.jp/205623より拝借)

セブンイレブン本部社員でありコンビニ関連ユニオン委員長である河野正史さんは、以下のように訴えた。
6月9日にコンビニ関連ユニオンを結成しました。オーナーさん、従業員さん、ドライバーさん、アルバイトのみなさん、多くの人に呼びかけました。
24時間365日、働いても働いてもまったく利益が出ない。さらにはコンビニのオーナーがアルバイトに出ている。こんなセブンイレブン資本のやり方に対し、コンビニ関連ユニオンは本部を追いつめ、セブン資本はグラグラになり、社長は逃げまくっています。私たちは社長の逃げ場をつぶして闘いぬいています。
「5年ごとに契約を見直す」と言いながら、セブンイレブンは創業の1975年から1回も見直していない。過労で自殺してしまう。過労で死んでしまう。こういうことが毎月報告されています。これ以上仲間を殺されたくありません。
私たちはここで発表します。年末、元旦に全国でストライキを行う。「正月ぐらい休ませろ!」の声をセブンイレブンを先頭に多くのコンビニで実現させていく。徹底的に全国を回って組織します。

この鮮烈な訴えの背景には、以下のような実態がある。

セブンイレブン本部社員がオーナーさんに断りもなく勝手に発注を行う! ここまで腐っているとは。
そして、コンビニオーナーの労働時間に関しては経済産業省の調査で全体の85%が休みは週一日以下と回答。休暇は27年間一度もないという訴えもあったという。

他のコンビニ資本を擁護するわけではないが、ファミリーマートは、営業時間について、24時間からの短縮を店主が希望すれば、原則として認める方針を固めた。



だからこそ、11月11日にコンビニ関連ユニオンが行った元旦スト記者会見は、テレビでも大きく報道された。


コンビニ関連ユニオンは、セブンイレブン本部社員の河野委員長やオーナーさん、そして店舗従業員や配送労働者などコンビニで働く全ての労働者で今年6月に結成された。そして合同・一般労組全国協議会に加盟する私たち東京北部ユニオンなど全国のユニオンが全力で一緒に闘っている。

都内で働くコンビニオーナーさん。またコンビニで働く労働者の皆さん。いつでも労働相談の電話やメールをください。

最後に、「ハーバービジネスオンライン」での11・3労働者集会のレポート記事から、コンビニ関連ユニオンに関する部分だけ引用させていただきます。
ぜひ元の文章から全文をお読みください。

コンビニ関連ユニオンが年末年始ストを発表

 コンビニ関連ユニオンは、コンビニオーナーや店舗のアルバイト、配送ドライバーを対象にした労働組合。今年6月に結成されて以来、公取委への集団申告といった活動を繰り広げてきた。同ユニオンの委員長を務めるのは、セブン-イレブン本部社員でもある河野正史さんだ。

 「今年の6月9日にコンビニ関連ユニオンを結成しました。オーナーさん、従業員さん、そしてドライバーさん、アルバイトの皆さん。多くの人に呼びかけて、本日も全国から多くのオーナーさんが結集しています。

 セブン-イレブンは、オーナーさんとの契約を5年ごとに見直すことになっていますが、創業の1975年から一度も見直していないということが明らかになりました。1975年から最低賃金なり労働人口なり、いろんなことが変わってきたにも関わらず、オーナーさんとの契約内容は1975年と同じまま。こんなところで働いていたら、ほんとうに過労で自殺してしまう、過労で死んでしまう。そんなことが毎月のように報告されています。私たちは、これ以上仲間を殺されたくありません」

 河野委員長はこう訴えると、年末と元旦に全国でストライキを行うことを発表した。

 「私たちはここで発表します。年末・元旦に全国でストライキを行う!正月くらい休ませろ!その声を、セブンイレブンを先頭に多くのコンビニで実現させていく。元旦ストライキを断固として実現していくために、この11月・12月、徹底的に全国を回って呼びかけていきます。共に闘いましょう!」


10・14関西生コン支部弾圧を許さない東京集会盛況でした

東京北部ユニオンブログより転載

EG4PidPU0AAKdju
10月14日、関西生コン支部弾圧を許さない東京集会が行われました。
全日本建設運輸労働組合関西生コン支部(関西生コン支部)は、この1年余りで組合員のべ87名逮捕というすさまじい弾圧を受けています。
その実態について、保釈されてまだ一か月もたっていない西山直洋執行委員が、明らかにしてくれました。
「検事調べなしの起訴。裁判所もつるんでる。裁判には大津署署員が傍聴席の3分の2を占める。まさに国家的不当労働行為だ」「安倍による改憲は9条だけじゃない。28条(団結権)をめぐって起こってるのです」。

聞けば聞くほど卑劣極まりない弾圧です。
家に刑事が行って家族に「旦那は黙秘しているから釈放されない。組合やめろと言ってくれ」。まるで戦前と同じです。
保釈されても、西山さんだけで「会ってはいけない人」100人、組合事務所や関連施設への立入禁止。これは一つの労働組合を解体するものであり、それを通して戦後の労働運動全体をつぶそうとするものです。
※西山さんのお話の要旨を、最後に付けておきます。

EG4Q0mHU4AED3t8
会場は200人を優に超えると思われる満員でした。

EG4S_xHUYAAQJ-7
東京西部ユニオン・鈴木コンクリート工業分会の吉本さんが火を噴くようなアピール。
「関生支部への攻撃は全労働者、労働組合にかけられた攻撃だ。権力や資本に絶対に負けない労働者の団結を見せつけよう」

eac194e9-s
木下武男さん(労働社会学者、元昭和女子大学教授)の「関西生コン支部の運動と弾圧の背景」はとても興味深いものでした。
「格差社会にいどむユニオン」として業種別職種別の運動を広げ、「箱根の山を越えさせない」と大槻日経連会長に言わしめた資本主義の根幹を揺るがす労働組合運動ゆえの弾圧を明らかに。
関西生コン支部が業種別・職種別賃金を確立していることなどの教訓をあげ、関西生コン支部の運動は労働者が企業ごとに競争させられるあり方をのりこえた「本当の労働組合」であると強調しました。
さらに秀逸なところは、関西生コン弾圧の背景だけでなく、「関西生コン方式の全産業化・全国化による反撃」として労働運動の再生の展望を明らかにしたことでした。
私たちが所属する合同・一般労組全国協議会が組織するコンビニ関連ユニオン、郵政非正規ユニオンも、その萌芽にあたるかな、と確信を与えてくれるものでした。

EG4X1EiUEAEYn14
「関西生コン支部と共に!」 青年たちがバナーとツイッターを作って応援!


EG4YtLnUcAAeXT7
憲法と人権の日弁連をめざす会代表の武内更一弁護士は「実力行使で憲法に団結権を書かせた労働組合の力を恐れての弾圧」「改憲との関係では、建設運輸労組がストをしたら戦争できないから」「労働者の権利は一つ。もはや支援ではない。総資本対労働者階級としての闘い」と檄をとばしました。

EG4am1ZU0AIzYuP
弾圧は、新たな決起と連帯を呼び起こしています。
ついこの間まで、関西生コンのことなど全く知らなかったという映画監督の杉浦弘子さんが「武委員長の話を聞いてほれ込んだ」と制作した映画『棘~ひとの痛みは己の痛み・武健一』上映の紹介をしてくれました。
東京では11月12日(火)19時~日比谷コンベンションホールにて行われます。鑑賞券1500円。

EG4cAClVAAA4MNt
関西生コン支部と連帯して20年間11月に全国労働者集会を共催してきた動労千葉は、「労働組合のない社会」作りの先頭走るJR東と対決し、11・3全国労働者集会&改憲阻止!1万人行進を大成功させようと訴えました。

11・3全国労働者総決起集会&改憲阻止!1万人行進
11月3日(日)日比谷野外音楽堂(日比谷公園内)
正午~全国労働者集会
2時~改憲阻止!大行進アピール
3時~銀座デモ
呼びかけ◆関西生コン支部、港合同、動労千葉、改憲・戦争阻止!大行進ほか(tel.043-222-7207)

EG4dB-MU4AAt3dw
集会のトリは、鈴コン支援共闘会議代表呼びかけ人の花輪不二男さん(世田谷地区労顧問)。
「関西生コンの運動は箱根の山を越えさせないと大槻日経連会長が豪語したが、小なりとも鈴コンがいる。全国の労働者が団結して闘おう!」

EG4dB-OUYAA_Afh
関生支部つぶしを許さない!11・16全国集会 大阪市・西梅田公園へ


西山直洋さんのお話
(要旨)

s-s-69d9fdf2-s
 権力が地域を越えて一体となってわれわれを集中的に弾圧する。こういう動きが、闘う労働組合は今この日本社会に必要ないんだということを物語っていると感じています。
 滋賀県警は、組織犯罪対策諜、暴力団を扱う課が私たちに対してきている。大津地裁の裁判官は「暴力団の事件やと思っていた」とさらっと言うわけです。大阪ではストライキを威力業務妨害とレッテルをはったということですが、取り調べでそのようなことを全然触れない。滋賀ではなんと検事調べなしで起訴される。こんなことがあるんかとびっくりですよ。接見禁止の一部解除でも、大阪地裁で認められたものを大津地裁が認めないなど、いやらしい嫌がらせをする。
 本当に労働組合として認めていない。逮捕されている組合員の奥さんの家に組対の人間が行って、だんなさんに組合やめるように言うてくれへんかとか、黙秘しているから釈放しないんだと奥さんをオルグする。国家的な不当労働行為を堂々としているわけです。
 私たちはあと5人の仲間を奪還していく。私も保釈されて1カ月たっていませんけど、弾圧をはね返す運動に力を入れていきたい。
 保釈条件が非常に厳し事務所、各職湯につくっている組合事務所に立入禁止、海外旅行も禁止など運動に制限をかける保釈条件を打たれている。
 私たちは憲法28条を完全に死守していかなくてはならないと思います。黙秘権も守っていかなあかん。
 11月16日に大阪で全国集会があります。全国の仲間の団結を見せつけないと権力側には勝てない。団結、連帯、この二つではね返していく。暴走する安倍政権をはね返し、労働者の権利を死守する闘いを共に闘っていきたい。

問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード