百万人署名運動

2019年5月 「復帰47年」沖縄連帯闘争(2)百万人署名運動の仲間から

 

沖縄闘争 番外編 
百万人署名運動・東京北部連絡会の方からの報告です。

19日に伊江島に渡りました。伊江島は「沖縄戦の縮図」ともいわれ米軍に対して住民が土地闘争に立ち上がった歴史があります。


① DSCF2640 琉球セメントゲート
▲安和港の琉球セメントゲート

②  DSCF2639 安和港
安和港の桟橋で後ろに見えるのが採石場。

伊江島の全体図 住居は東側に凝縮されており、中央に2本の滑走路、西側は米軍の演習場基地で立ち入り禁止、平地にはタバコとさとうきび畑が広がる。

まず知念正行さんから体験談をお聞きしました。役場の通信員として沖縄タイムズで伊江島の状況を写真や文章で知らせてきた人で、「知念正行資料館」として資料だけでなく当時の鍋釜まで展示されていました。④ DSCF2649 知念資料館
▲知念資料館

・現在は80歳で4/16米軍が上陸した時は小学生1年だった。戦闘は1週間で終わり米軍の占領が始まった。村民4000人のうち1500人が死んだ。
2100人が捕虜となり慶良間諸島へ強制移動させられてテント生活を1年、そして本部、久志(辺野古)へまた強制移住させられてテント生活を1年間。裸同然・着の身着のままのひどい生活だった。1947年にやっと伊江島に戻されて生活が始まったが、食べるのにやっとだった。63%が基地の中で、基地から少し離れただけで米軍基地手当が出たり出なかったりと村民が二分されており現在もあまり変わりない状況にある。今も38%は島の米軍に奪われたままという話だった。

その後、戦跡巡りをしました。

「沖縄のガンジー」といわれた阿波根昌鴻さんが設立した反戦平和資料館・ヌチドゥタカラの家を訪ねました。
朝鮮戦争が始まる1954年ころから特に米軍の農地、住居の強制立ち退き、ブルトーザーで家屋を破壊、反対住民に暴行、民家放火など米軍との攻防が繰り返されました。住民大会や「伊江島土地を守る会」結成など伊江島闘争の歴史・村民の生活の写真や阿波根さんの数々の言葉がパネルで展示されています。現在の三里塚闘争や反戦闘争に相通じるものがあります。
⑥ DSCF2659 阿波根資料館入口
▲阿波根資料館入口

⑦ DSCF2662 展示品
▲展示品

⑧ DSCF2664 1955集会写真
▲1955集会写真

⑨ DSCF2666 基地内に立つ看板
▲基地内に立つ看板

⑩ DSCF2667 阿波根さんの言葉
▲阿波根さんの言葉
  「平和の最大の敵は無関心である」
  「戦争の最大の友も無関心である」

◎ニィヤティヤガマ 住民を守った千人ガマ
すぐに翡翠色の海に繋がる巨大な海岸洞窟で「戦時中は空襲のたびに住民、日本兵、徴用人夫が避難した」とあります。
⑪ DSCF2668 ニィヤティヤガマ
▲ニィヤティヤガマ

公益質屋跡で米軍の攻撃によって島のほとんどの建物が焼きはわられた中で、かろうじて残ったコンクリートの建物。1週間で壊滅したという激戦が計り知れます。⑫ DSCF2675 公益質屋激戦の跡
▲焼け残ったコンクリートの建物

◎辺野古の浜へ
護岸が見えます。以前はこの浜に住民による監視小屋がありました。高く張り巡らした塀には「ドローン警告」看板が。
⑬ DSCF2698 護岸を見る
▲辺野古の浜からみえる護岸

⑭ DSCF2701 ドローン警告
▲ドローン禁止の看板

◎嘉数(かかず)高台公園から普天間飛行場を俯瞰、オスプレイが数機待機。
⑮ DSCF2710 普天間オスプレイ
▲嘉数高台公園にて

◎那覇まで移動して二つの労組訪問
全日本港湾労組(全港湾)沖縄地本の事務所を訪問しました。全港湾は関西生コンと同じ産別組合で、辺野古新基地建設に反対し違法な本土からの土砂搬入にはストライキで闘うと表明しています。また、事前協議制度という雇用と職域・安全を守るための産別協定を締結していて2月に自衛隊が装甲車、ジープなど200台近くの強制荷役を行うという重大な事態が発生し、協定違反抗議と協定順守を要求して24時間のストライキを通告しています。全港湾労組に連帯して19日集会で参加者に寄せ書きをしてもらった「スト支持!共に辺野古阻止!」の激布を山口委員長へ渡して連帯・激励しました。
最後に「とめよう戦争への道!百万人署名運動」団体会員の自治労沖縄県本部を表敬訪問し、改憲阻止大行進への参加や「明記署名」への取り組みを要請しました。

石神井特別支援学校と各都立高校に「日の丸・君が代」強制反対の申し入れを行いました

IMG_20190201_155637
「日の丸・君が代」不起立を続ける田中聡史さんが勤務する石神井特別支援学校前で

1月31日と2月1日、卒業式・入学式における「日の丸・君が代強制反対」を訴える都立高校キャラバンを行いました。
 校長宛の「申し入れ書」(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会の連名になっています)を提出するとともに、労働組合を訪ねて実情をお聞きしながら署名運動への協力や集会への参加等をお願いする行動で、百万人署名運動では2009年から毎年実施しています。
1月31日は4名、2月1日は3名が参加して、東京北部地域の全都立高校26校と特別支援学校1校を訪問しました。
都立高校では、例年と同じく管理者(校長、副校長)に面会することはできませんでしたが、組合分会の教員とは7校で、それぞれ短い時間でしたがお話しすることができました。この数は例年より少なめだったのですが、2月1日が推薦入学の合格者発表日だったことが影響したようです。ただ、少数ではあっても組織率が低下し困難な状況の中で意欲的に活動している方々とお会いすることができ、これからも連絡を取り合いながら私たちの運動との連携を強めていければとの思いを強くしました。


2・22改憲・戦争阻止集会チラシおもて
そして、キャラバンの最後には、練馬区で大行進運動に関わっている方4名と合流し、石神井特別支援学校を訪ねました。ここには2月22日の練馬での改憲・戦争阻止集会に参加してくださる田中聡史さん(不起立被処分者で分会長でもあります)が勤務されているので、私たちの「日の君」強制反対の思いを管理者に直接ぶつけたいということで、事前に面会を要請していました。
校長、副校長は他に所用があることを理由に現われませんでしたが、「校長に対応するように言われた」という経営企画室長(事務方のトップ)が対応に出てこられたので、申し入れの趣旨を説明し、見解を質しました。日の君強制の職務命令については、都教委の方針であるとの一点張りで、予想されたこととはいえ、いかにも官僚的な回答しか得られませんでした(反対の立場の者に対して顔色を変えずに淡々と対応できる、こういう人物が出世するのだなと感じました)。
また、会議室等は用意されずに玄関口でのやりとりとなりましたので、主権者である都民への対応としてはいかがなものかと思いました(面会が長引くことを避けたかったのかもしれません)。
その後、田中さんにお会いして、管理者との面談の内容をご報告して、学校労組キャラバンを締めくくりました。
2・22練馬集会(18時半~ 練馬駅前「ココネリ」研修室3)にお集まりください。
(とめよう戦争への道!百万人署名運動 東京北部連絡会)


東京都立     高等学校 校長 殿

申し入れ書

2019 月 

とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会

東京北部労組交流センター/東京北部ユニオン

連絡先 千代田区神田三崎町2-20-7水道橋西口会館303

とめよう戦争への道!百万人署名運動

 

私たちは、「日の丸・君が代」の強制に反対する労働運動や市民運動を行っている東京北部地域の団体です。

東京都教育委員会は、20031023日付の「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施について(通達)」において、「実施指針」として、「日の丸」を舞台壇上正面に掲げること、ピアノ伴奏等により「君が代」を起立して斉唱すること等を示すとともに、この通達に基づく校長の「職務命令」に従わない場合は「服務上の責任」を問われることを教職員に周知すること等を学校長に命じました。

私たちは、この通達の発出とそれによる卒業式・入学式での「日の丸・君が代」の強制は、当時の石原都知事と都教委が、小泉政権が推し進めていた「新自由主義政策」に呼応し、「教え子を再び戦場に送るな」というスローガンの下で築かれてきた戦後日本の教育労働運動を破壊しようとして強行したものにほかならないと考えています。

実際にその後の15年間で、「職務命令」に従わなかったとして延べ500人近い教職員が職場を奪われ、職場を飛ばされ、あるいは減給などの処分によって生活を脅かされています。

これに対して、被処分者の方々は「日の丸・君が代」強制の不当性を訴え、都教委による処分の撤回を求める訴訟を次々に提起し勝訴、一部勝訴の判決を勝ち取ってきました。

これまで最高裁、東京高裁、東京地裁で確定した処分取消の総数は、74件・64名に上ります

しかし都教委は、被処分者に対する「服務事故再発防止研修」を強化し、その回数においても内容においても被処分者に対するいやがらせ、パワーハラスメントと断ぜざるを得ない「研修」を強要しつづけています。

また、201312月以降4度にわたって、上記の最高裁判決やその後の東京地裁判決で「減給」処分を取り消された教員に対しても、あらためて「戒告」処分を行うという暴挙に出ています。

子どものイジメや犯罪が大きな社会問題になっていますが、それらは子どもたちが夢や希望を抱きにくい日本社会の状況を反映したものと考えられます。こうした中、教育には競争や選別ではなく真の意味での平等が求められています。

教員が人間としての誇りと尊厳を持ち、心のゆとりを持って活き活きと子供たちと向き合うことなしに、本当の教育は成り立ちません。管理や強制で教育できるなどという考えは権力者や管理者の思い上がりです。

201471日、安倍政権は集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を行い、2015427日には「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」を改定、919日にはいわゆる戦争法の成立を強行しました。

この間、自衛隊のリクルーターが教育現場に姿を現す事例も報告されており、防災訓練を名目として生徒を自衛隊に一日入隊させる高校も出てきています。

そして今、安倍首相は、アメリカのトランプ大統領と一緒になって戦争をあお、労働者・市民の不安を高めて憲法9条「改正」を強行しようと狙っています。

一昨年から北朝鮮への恐怖と敵愾心をあおるミサイル避難訓練が、国の主導の下、全国で始まり、都内でも初の訓練が昨年122日に文京区で強行されています。

ついに具体的な戦争動員の訓練が始まり、敗戦後に「教え子を再び戦場に送るな」と誓って出発した教育者たちの立ち位置が大きく揺らいでいるのです。

現在、都立高校では「オリンピック・パラリンピック教育」が強引に進められ、生徒たちにボランティアへの応募を強制する教師まで現われています。嘘(安倍首相の「アンダーコントロール」発言)と賄賂で誘致したオリパラに生徒たちを強引に巻き込むことはけっして許されません。

さらに文部科学省は、2022年度から実施する新たな学習指導要領で、生徒が「自国を愛する」ようになることを目的とする「公共」を必修科目として新設し、これを柱として全ての教科で道徳教育を推進しようとしています。道徳や愛国心の押しつけなど絶対に認められません。

今年も卒業式・入学式の時期が目前に迫ってきました。今回の式は10.23通達から16回目に当たり、都教委がこれ以上理不尽な強制・処分を続けることは断じて看過できません。

このような観点から、私たちは、貴殿に以下の3点を申し入れ、その実行を要請します。

一、「日の丸・君が代」強制の職務命令を出さないで(撤回して)ください。

教職員の声に耳を傾け、話し合ってください。

一、卒業式・入学式で、教職員、生徒、保護者に対して、「日の丸・君が代」を強制しないでください。

一、処分を導く、都教委への報告とそのための監視をしないでください。

「日の丸・君が代」の強制を拒否した教職員への処分に協力しないでください。

 

以上

改憲反対署名労組キャラバン:「安倍3選」のニュースを糸口に改憲阻止の訴えへの共感が広がる

abe-16
9月20日、百万人署名運動の『憲法への「自衛隊」明記と「緊急事態」新設に反対します』署名への協力と「『改憲・戦争阻止!大行進』東京北部実行委員会」への参加を呼びかけるため、4名で今月2度目の労組キャラバンを行いました。自民党総裁選の当日にぶつける形での行動でした。

北区と板橋区を中心に、都立高校のほか独立行政法人や区役所、清掃、交通、水道といった公営事業や民間の労働組合21カ所を訪問し、3分の2に当たる14カ所で役員など組合のメンバーに面会することができました。一方、守衛さんや事務職員に取り次ぎを断られたところも3カ所ありました。

私たちの要請に対する反応は様々でしたが、昼食後の訪問先で、改憲の推進を叫んでいる安倍が自民党総裁選で3選を果たしたこと(この日の14時過ぎに速報で伝えられました)を糸口に話を切り出すと、私たちの訴えを真剣に聞いてくれる方が多くなったように思いました。
たとえば、この日最後となった板橋区内の訪問先では、応対に出てくれた方から、まず「どうしてウチに来たのか」と問われましたので、安倍が本気で「憲法を変える」と言っている中で、安倍の改憲案そのものに反対する署名を9月から始めたこと、そして今日は板橋区と北区の労組に署名をお願いするキャラバンをやっていることを伝えました。すると当然のごとく3000万人署名や9条の会の話が出ましたが、私たちはそれを否定するつもりは全くなく、板橋区の9条の会とはもっと繋がりたいと考えていますと答えたところ、私たちの意図や本気度を理解してくれたようでした。

安倍首相は総裁選直後から「いよいよ改憲」とぶちあげています。この9月から臨時国会が始まる10月が改憲発議をさせない勝負の時です。
3度目の労組キャラバン、更には様々な形での改憲反対署名の拡大を通じて、改憲・戦争阻止の運動を盛り上げていきたいと思います。
syomeiyoushi
署名用紙PDFファイルのダウンロード

衆議院憲法審査会会長様 参議院憲法審査会会長様
衆議院議長様 参議院議長様

戦争するな!9条変えるな!
憲法への「自衛隊」明記と
「緊急事態」新設に反対します

●憲法に「自衛隊」を明記すれば、「戦争放棄」「戦力不保持」の第9条を実質的に破棄し、無制限に戦争ができることになります。
●戦争は「自衛のため」と言って行われてきました。「必要な自衛の措置」がとれるとなれば、侵略戦争への道が開かれてしまいます。
●憲法に「緊急事態」を新設すれば、首相の宣言で「憲法停止」も可能になり、あらゆる権利が奪われます。戦争のための独裁体制を許すものです。
●「9条改憲」と「緊急事態」新設によって、徴兵も当然という軍事優先の社会に変わってしまいます。私たちは、そのような改憲案の国会発議に反対します。

《よびかけ・署名集約先》 とめよう戦争への道!百万人署名運動
〒101-0061千代田区神田三崎町2-20-7-303
TEL.FAX.0352115415 http://millions.blog.jp/
《よびかけ》 改憲・戦争阻止!大行進実行委員会
〒260-0017千葉市中央区要町2-8 動労千葉気付
TEL.0432227207 kaikensoshi2018@yahoo.co.jp
〒111-0041台東区元浅草2-4-10 五宝堂ビル5F 全国労働組合交流センター気付


c8d97_1596_20180919at99_p

abe7-550x413
画像はいずれも、9月19日自民党総裁選当日の秋葉原駅前での「安倍内閣退陣」のカウンター行動
(時事通信社などの報道より拝借しました)




大塚駅で改憲反対署名、秋祭り神輿集団に遭遇して

IMG_20180916_122203

月16日、回目の「自民党改憲案の国会提出反対」署名活動を大塚駅北口で行いました。

この日は最初から町のあちこちで神輿の集団を見かけていましたが駅でも賑やかな音が響き、ハッピ姿の男女の方々がいました。

IMG_20180916_122119

大塚駅出口に近く、駅の敷地ギリギリの位置で「憲法への自衛隊の明記に反対です」「自衛隊が合憲になれば条は死んでしまいます」と声をかけて署名を呼びかけると反応は結構あって5、6分に人くらいのペースで署名してくれました。署名する人の最大の関心事はやはり「憲法条がどうなってしまうのか」ということです。
マイクでのアピールでも、「自民党総裁選は大茶番、改憲案を国会で提出するためのパフォーマンスです」「沖縄の人々が、基地・戦争反対を掲げて県知事選を闘っています。沖縄と連帯して改憲を止めましょう」「沖縄戦の血の教訓は『国は民衆を守らない』でした。この声を押しつぶして、安倍も石破も『国のために死ね』と自衛隊を再び侵略軍隊にしようとしているのです」「新しい署名ができました!」と訴えると、足の止まりがよいように感じました。

IMG_20180916_122151
お昼時間を過ぎると駅前に神輿とハッピ姿の人が大集結してこられたので、予定より早く切り上げましたが、地域と結合しながらの街頭署名ができたと思います。

教訓としては、とにかく立ち止まってもらう必要があるので、多少は刺激的な呼びかけでもよいと思いました、あとは丁寧に「自衛隊が明記されることは9条の内容が180度変えられることです」と署名の趣旨・内容を話せばいいのですから。
各地域でどんどん広げていきましょう。

百万人署名運動・東京北部連絡会 藤ノ木勇


自民党改憲案提出反対署名をもって練馬区内の労組訪問

adf0284a-s
署名用紙PDFファイルのダウンロード

9月12日、4名が参加して練馬区内の労働組合を訪問して回り、百万人署名運動と「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会が呼びかけてこの9月から始まった『憲法への「自衛隊」明記と「緊急事態」新設に反対します』署名への協力を呼びかけてきました。
この労組キャラバン活動は、これまで10年以上にわたり、百万人署名運動東京北部連絡会が主に都立高校を対象として毎秋2日間ずつ行ってきたものですが、今回は「大行進」東京北部実行委員会の結成を大いにPRしようということで、都立高校だけでなくより多くの労働組合を訪問することを目指して、これまでよりも多い3日間をかけて実施することにしました。

IMG_20180912_162444s
▲改憲・戦争阻止!大行進のノボリができました

この日はその初日に当たり、都立高校のほか、清掃、交通、水道といった公営事業や区役所、都税事務所、独立行政法人、さらには民間の組合を含めて18カ所を回って、うち10カ所では組合の役員などに面会して要請を聞いていただいたり意見交換をしたりすることができました。
私たちの要請、呼びかけに対する労働組合の方の反応はまちまちで、1カ所はその場で11月4日の改憲・戦争阻止大行進集会(日比谷野音)のチケットを購入してくださったり、すぐにでも分会で署名に取り組んでいただけそうなところがあった一方で、「面倒な人たちが来たなぁ」という態度を隠そうともしない方もいましたが、全体的に、安倍政権下での改憲・戦争情勢の逼迫についての危機感が多くの労働組合でまだまだ浸透していないように感じました。
今行われている自民党総裁選では、安倍も石破も改憲を前提にして二者択一の選択を迫る構図にしています。これ自体が改憲キャンペーンそのものです。「9条改憲は急がない」としている石破が「緊急事態条項」を主張していることも重大です。
「安倍はダメだから石破の方がまし」というというものではないと思います。
このような状況を認識した上で、署名運動を訴え、取り組んでいくことが必要だと思います。

自民党が秋の臨時国会に提出し発議に持ち込もうとしている改憲案は、「9条の2」を作ることによって9条1項「戦争の放棄」と2項「交戦権の否定」を上書きし無効化してしまうものです。
そして「緊急事態条項」新設は、「大地震その他の異常かつ大規模な災害」と言っていますが、2012年の「自民党改憲草案」では「外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱」を含む有事全般を「災害」の対象としている通り、戦争に反対する労働者のストライキやデモなどの大衆行動を鎮圧するものです。
自民党改憲案は、基本的人権など戦後憲法の体系そのものを覆すクーデター!
反対の声をあげ、署名運動を広げていきましょう!

DmZtnt8UYAE2iCE
チラシPDFファイルのダウンロード

11月4日(日)日比谷野外音楽堂

正午~ 全国労働者集会(海外からのゲストあり)

14時~改憲阻止! 1万人大行進

15時~ 銀座・東京駅までデモ行進

記事検索
最新記事
メッセージ

名前
メール
本文