労働組合の取り組み

「コロナ雇止め許さない!」池袋でストライキ

東京北部ユニオンブログより
s-IMG_20200628_095912 (1)

6月26日、池袋で人材派遣大手の「ヒト・コミュニケーションズ」のグループ企業での時限ストライキが行われました。ちば合同労組による6月末雇い止め撤回の抗議の社前行動に、私たち東京北部ユニオンも合流して共にたたかいました。

IMG_20200628_095840bちば合同労組のAさんが働いてきた「SALES ROBOTICS」社の職場は、「ヒト・コミュニケーションズ」の本社ビルの中!
池袋駅東口からすぐです。

新型コロナ感染拡大による影響で解雇や雇い止め、派遣切りが激増しています。「SALES ROBOTICS」社は、インバウンド関連のコールセンター業務が減少したことを雇い止めの理由としていますが、有期雇用の契約社員を業務量に応じて増減させればよいとしか考えていないのです。
3月末にも20人の労働者を雇い止めし、さらにまた6月末で雇い止めを強行! 絶対に許せません。
「SALES ROBOTICS」社は、企業としての〝雇用責任〟についてはほとんど考慮することなく、有期雇用労働者を雇用の調整弁としてしか考えていないのです。

ちば合同労組が6月26日に行なった団体交渉では会社側弁護士が「3か月の有期雇用であり業務がなくなったから雇い止めになるのはアンラッキーだがあきらめてくれ」と主張したそうです。

私たち労働者は、ねじくぎなどの部品じゃない! 血の通った、家族も生活がある労働者をなんだと思っているんだ!
土砂降りの中でのスト支援行動でしたが、当該の組合員も元気に闘いぬきました。ちば合同労組と私たち東京北部ユニオン・東京西部ユニオンも連帯を込めて傘をさしてビラをまき声をあげました。

IMG_20200628_101358b
タクシー労働者で自らも不当解雇経験のある藤井副委員長は、マスコミでも話題になった「ロイヤルリムジン」での600人全員の解雇に対して複数の組合が立ち上がり、解雇を撤回させたことを報告し、当該組合員にエールを送りました。
「ロイヤルリムジン」での解雇は当初「休業補償よりも失業保険の方が労働者のため」「事業が上向きになったら再び雇う」との社長の言葉が肯定的にネットで拡散されましたが、真っ赤なウソでした。
再雇用を前提にしての失業保険給付などできませんし、雇用努力もしない一方的解雇は「整理解雇4要件」も完全に踏み外した暴挙でした。

いま、新聞が報じているだけでも数万人の労働者がコロナ感染の中での解雇・雇止め、失業の脅威にさらされていますが、その多くが「ロイヤルリムジン」や今回の「SALES ROBOTICS」と同じく、デタラメな不当解雇です。
ただただ企業の利潤のための一方的な解雇に「仕方ない」とガマンする必要などありません! 今回団交とストに立ち上がった当該の労働者のように声を上げていきましょう。

今回のストライキ行動は、池袋駅直近にある大手人材派遣会社人コミュニケーション本社ビル前で解雇・雇い止め反対を訴える社会的に大きな意義があります。ストをたたかった当該組合員などちば合同労組に敬意を表するとともに、なんとしても解雇撤回をかちとるために共に闘っていきたいと思います。


link-logo_rodo931
私たちは、全国33のユニオンが連携して労働相談活動を行っています。
解雇・雇止め、パワハラ・セクハラ、コロナ感染の職場安全……
いつでも連絡くださいね!

豊島区・板橋区・文京区・北区・練馬区などにお勤め・お住まいの方は、直接東京北部ユニオンに電話ください。またはブログのメールフォームから連絡ください。
電話03-6914-0487

【池袋・江古田とも中止・延期】関西生コン労組への弾圧を許さない ドキュメンタリー映画「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」上映会

北部「棘」上映会チラシ・オモテ完成
関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
上映&トーク

※池袋上映会・江古田上映会とも、「緊急事態宣言」を受けての休館措置やオーナーの判断で、残念ながら中止とさせていただきます。
コロナウイルス感染が一定程度収まるのを見て、必ず後日開催いたします。どうぞよろしくお願いします。


●池袋上映会 中止・延期
4月11日(土) としま区民センター 7階会議室
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328


●江古田上映会 中止・延期
4月18日(土) ギャラリー古藤
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328



語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会

上映協力金1000円
事前チケット   800円

(問い合わせは下記にご連絡下さい)
主催:「棘」上映東京北部実行委員会
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp

北部「棘」上映会チラシ・うら完成s


奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。



toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。
その男は、19歳の時に島を出る。
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。
その男は、会社に抗議をした。
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。
そこから、男の人生は激変する・・・・・。
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。

3月1日、常磐線全線再開反対上野駅街宣

NAZENいけぶくろブログより転載
IMG_20200301_115925

ビキニ環礁での水爆実験で第五福竜丸などが被爆した3・1ビキニ事件から66年、3月1日に杉並でビキニデー集会が行われました。

その前段行動として、動労水戸の呼びかけに応え、常磐線全線開通反対の一斉街宣がJRの駅頭で行われ、NAZENいけぶくろは東京北部ユニオンとともに上野駅広小路口前に登場しました。

IMG_20200301_102155
コロナ感染拡大で上野駅前も乗降客が少なく、また緊張した空気の中でしたが、「コロナ感染も被ばく強制もさせてはならない!」「常磐線全線運転再開に反対しましょう」の呼びかけに、多くの方が足を止めて署名に応じてくれました。

常磐線 新聞
帰還困難区域へのJR常磐線再開を巡って、動労水戸の独自調査で試運転車両から通常の23倍の放射能が測定されたことが明らかになりました!
2月28日に行われた動労水戸の記者会見が「東京新聞」茨城県版でも報道されたので紹介します。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202002/CK2020022902000138.html

【茨城】

常磐線試運転 車両付着ちり 放射能濃度23倍に 動労水戸調査

 全線開通(三月十四日)に向けたJR常磐線の試運転で福島県内の帰還困難区域を通過した車両に付着したちりの放射能濃度が、通常の車両より二十三倍も高かったことが分かった。調査した労働組合「動労水戸」の木村郁夫委員長らが二十八日、県庁で記者会見して明らかにした。木村委員長は「JRは車両の線量をきちんと測定し、公表すべきだ」と指摘している。

 常磐線は現在、東京電力福島第一原発事故の影響で富岡(福島県富岡町)-浪江(浪江町)間の二〇・八キロが不通となっている。不通区間の沿線一帯は放射線量が高く、住民が戻る見通しが立たない帰還困難区域に指定されたままだが、JR東日本は昨年十二月十八日に試運転を開始した。

 調査した試運転の車両は一月十八~二十二日の五日間運行。フィルターはモーターなどの空冷装置に取り付けられ、外気を取り込む際にちりなどを除去する。

 動労水戸の組合員がJR東日本勝田車両センター(ひたちなか市)でフィルターのちりを採取し、農作物や土壌の放射性物質を調べる「つくば市民放射能測定所」(つくば市妻木)で濃度を測定した。

 その結果、一キロ当たり二三五〇ベクレルのセシウム137が検出された。一方、六カ月間通常運行した車両のフィルターのちりから検出されたセシウム137は一〇一ベクレルだった。

 動労水戸によれば、勝田車両センターでフィルターの洗浄作業に携わっている整備員は約五十人。マスクを着けていても、鼻の中まで真っ黒に汚れるという。

 動労水戸はJR東日本に対し、帰還困難区域内を運行する場合、全車両の線量測定のほか、整備員の被ばく防止教育や防護用具の配備などを要求してきたが、会社側は「車両の測定を実施する考えはない」と拒否。動労水戸は今後、今回の調査結果を会社側に示し、車両の測定などを重ねて求めていく方針だ。

 自身もフィルター洗浄などの車両検査に従事し、調査を担当した照沼靖功(やすのり)書記長は「車両に放射性物質が付着するのは明らかだ。整備員がちりを吸い込み、内部被ばくする危険性は高い」と訴える。(佐藤圭)


入管収容所での暴行を告発するデニズさん 外国人労働者と連帯を

東京北部ユニオンブログより
デニズさん
11月3日に日比谷野外音楽堂で行われた全国労働者集会で、トルコ国籍のクルド人、デニズさんが壇上で訴えた。
「茨城の牛久入管収容所で3年半、ハンストをやって1回目の仮放免で出て、2週間の仮放免が終わったら(再収容されて)、もう一回3カ月がんばって、ごはんを食べないことでもう一回、仮放免。11月7日でもう一回捕まることがあるかもしれない」
f3087_02_03a
牛久入管は、正式名称は東日本入国管理センター。デニズさんは実際に、11月7日に再収容されてしまいまった。

そのデニズさんが、収容所内ですさまじい暴行を受けている衝撃の映像が、TBS「NEWS23」で7分間にわたって報道され、大きな反響を呼んでいる。
はい制圧
抵抗しないか
「職員に囲まれ取り押さえられる外国人男性。男性は、職員から暴行を受けたなどとして国に訴えを起こしています。閉ざされた密室で何が起こったのでしょうか」(12月23日 news23放送でのナレーション)

ぜひ実際の映像を見てほしいです☟


この映像は、入管側が撮影したもの。デニズさんが損害賠償の裁判を訴えて証拠提出を求めたため、初めて明るみになった。
入管側は、「不当な行為」であったが「違法」とは認めず開き直っている。

その背景にあるのは、2020年東京オリンピック・パラリンピックを前にした滞日外国人労働者政策であることを、映像はさらに突き出した。

長期収容者の数
オリンピック・パラリンピックを前に、入管収容所への外国人労働者の収容者は激増。

しかも、法務省はこんな内部通達を出している!
 ↓
オリパラまでに
「東京オリンピックパラリンピックの年までに」

安全を図るため
「安全安心な社会の実現を図るため、送還を忌避する外国人など」

外国人労働者を縮減
「我が国社会に不安を与える外国人を大幅に縮減することは喫緊の課題」

つまり、収容所内で徹底的に抑圧し暴行を加え、自ら「帰国を希望する」表明をさせるまで追い込むということだ。
しかし、デニズさんらは母国を逃れ、難民申請をして日本に来ている。帰るところなどない。
「私も国(トルコ)に帰ったら殺されるかもしれない。シリアでミサイルで死んでしまった子どもたちもいっぱいいる。エルドアン大統領は『クルド人はテロリスト』と言うが、絶対、私たちはテロリストじゃない」(11月3日、日比谷集会でのデニズさんの発言)。


2週間で再収監
デニズさんら多くの収容者は、心身に多大なストレスを強いられながら、仮放免を求めるためのハンストを繰り返し行って闘っている。
牛久入管収容所問題を考える会の田中喜美子さんは、「収容の目的は『日本から追い出す』ことにあるわけですから、収容所は健康を害している外国人に対して、根本的に病気を治すことなど考えていません。無期懲役の星野(文昭)さんに対して、刑務所は『生かすための医療』をしなかったと思いますが、それと同様です」(11月18日付「星野新聞」)と語っている。

東京北部ユニオンにも、労働相談で加入した外国人労働者の方が何人もいるが、ある日突然牛久入管収容所に送られてしまっている。
s-rajinenngajou3

この方は、牛久入管に閉じ込められながら難民申請を行い、ユニオンとしても全力で支援したが、最後にはあまりの入管の実態に、帰国を選択せざるをえなかった。忘れることはできない悔しさだ。

国際連帯の基本は、日本で一緒に働き生活している在日・滞日の外国人労働者と共に生き抜くこと。
労働者に国境はない。労働組合は、人種・国籍・宗教など関係なしに、資本と闘う労働者階級として団結する。(ほとんどの労働組合に規約には、「何人も、人種、国籍、宗教、性別、門地、または身分によって組合員としての資格を奪われない 」とある。)

私やあなたの隣に、外国人労働者は働き、生活している。労働と生活を共にしている仲間と職場・地域でつながり、連帯していきたい。

いつでもユニオンに労働相談・生活相談してください。
私たちは、外国人労働者の労働相談の実績をもっている全国のユニオンとつながり、また牛久入管収容所問題を考える会とも連携しています。

「東京オリンピック」を声高に唱えつつ外国人労働者抑圧を強権的に進める安倍政権。
2020年、労働者の国際連帯の年にしよう!




とどまることを知らない郵政の腐敗の根源は民営化に! 労働者を犯罪扱いするな

東京北部ユニオンブログより

9
昨日20日、かんぽ生命保険と日本郵便の保険不正販売問題を巡り、行政処分案の検討状況を日本郵政グループに漏らしたとして、総務事務次官が停職3か月の懲戒処分になった。
ゆうちょといいかんぽといい、とどまることを知らない郵政の底知れない腐敗だ。

しかし、現場労働者には責任はない。以下は今年7月の東京新聞記事だが、「顧客に対し新旧契約の保険料を故意に六カ月以上二重払いさせていたケースが、2016年4月~18年12月の間の契約で約2万2千件あった」というすさまじい不正営業は、ノルマ・ノルマの重圧をかけて現場にやらせてきた幹部に責任がある。



腐敗の根源は郵政民営化だ
この腐敗の根源は、郵政民営化にこそある。「民営化の不徹底の結果」ではない。逆だ。
経済ジャーナリスト萩原博子氏の以下の論考(「かんぽ不正、マスコミがなぜか報じない「郵便局の深すぎる闇」の正体)は、その一端を示している。


結局は、公共事業である郵政を利益追求の巨大市場に変えてしまった「小泉改革」が今日の事態の根本だ。

そして、もっと核心にあるのは、民営化の過程でかつて「権利の全逓」とまで言われた労働組合が骨抜きにされ、会社の言いなりになるJP労組に変えられてしまった事だ。
郵政の先輩たちは語っている。国鉄と並んで組合の力が強かった全逓労組は、管理職の不正・怠慢をガンガン追及し、職場を現場の力で回していた。いじめがあれば組合で取り組んで辞めさせていた。だから現場はピリッとしていた。
ところが、郵政民営化の前にあったのが「血の入れ替え」と呼ばれる組合活動家の強制配転だった。「人事交流」とは名ばかりで、現場にある組合の力をそぎ、代わりに管理職の顔色ばかりうかがう者ばかりが登用されるようになってしまった。

中曽根首相が進めた国鉄分割民営化=「戦後政治の総決算」
郵政に先んじる国鉄の分割民営化は、この間死んだ中曽根元首相が進めた「戦後政治の総決算」の中軸であり、これも労働組合潰しが最大の狙いであり、それによって公的事業を資本が利益追求に変えてしまう新自由主義を推進し、同時に組合潰しを通して戦争のできる国作りをする事だった。


これに対して、動労千葉は国鉄分割民営化反対のストライキを打ちぬき、解雇者を出しながら全組合員の闘いで支え、ついに最高裁で「不当労働行為による解雇」を認定させた。


労働者を犯罪者扱いするな! 一斉点検は許せない
現在の郵政を変えるのは、現場労働者の団結した力だ。
年末繁忙期、自分と仲間を守るため、労働強化や営業強制、年賀はがきの自腹買いなどは拒否して、団結しよう。

全国労組交流センター全逓部会のビラを転載します。

交通事故が多発 異常事態

 今年に入って全国で交通死亡事故が4件発生しています。
 交通事故は、夕暮れ時から、夜間にかけて集中しています。その時間帯は、歩行者などが非常に見えずらくなる時間帯です。
 配達員は、時間内に配達作業を終わらせないといけない、遅れたらお客に怒られる恐怖、そして職場に帰ったら配達できたのかどうかの点検など、とことんまで精神的に追い詰めれられ、疲れ果てているところで事故は起きています。
 交通事故の被害者のご冥福をお祈りすると同時に、この事故の責任を労働者にだけ背負わせることはできないと考えます。
 保険会社も、「運輸業で年間4件もの死亡事故を起こしているのは異常だ」と言っているといいます。
 こうした事故に対して、会社は、全体ミイーティングを長々とやって「あせる必要はありませんから、ゆっくりやってください」と言う。
 しかし、お客様には通用しない。毎日「遅いぞ!」と怒られるのは私たちです。ほんとに怒り心頭です!
 本当にそれで交通事故がなくなるのか!
 「お客様が今か今かと郵便物を待っているのに、無駄な時間をとるんじゃない!」「局長、見本を見せてくれ!」「管理者が一緒に配達に行って安全最優先ですと説明してくれ。」これが現場の声です。
 耐えかねた職場の仲間は、「全体朝礼で遅れます」とお客様に電話を入れました。お客様は「それが理由か?」とあきれかえっています。
 管理者のみなさん!交通事故を誘発する原因が、自分たちにあることを自覚してもらいたい!
 この年末繁忙期、自分と仲間を守るため、「無理しない、あわてない」を実践しよう。安全確保のために無理なことはやめよう!みんなで知恵を出し合い、この年繁を乗り切ろう!

労働者を犯罪者扱いするな!
支社による一斉点検は許せない!
 異常事態は交通事故だけではない。関東のある局で3千通の郵便物が配達放棄・隠匿されていたことが発覚した。職場の引き出しからも出てきたという。労働者は、配達できず相当追い詰められていたのではないか。
 これを契機に、引き出しの私物の制限、支社による一斉点検が行われている。私たちは犯罪者なのか。その前に、管理者は、労働者を追い詰めている自分を反省しないのか。政府・総務省、会社が一体となって労働者を追い詰め引き起こしたゆうちょ、かんぽの不正販売事件のように。

いつでも労働相談を寄せてください!

問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード