改憲・戦争阻止大行進運動について

「『戦争する国』に絶対させない」職場・地域の闘いの出発点となった8・29北部集会

8.29集会画像1
8月29日、東京・練馬駅前のココネリで「改憲・戦争阻止!大行進東京北部実行委員会結成1周年集会」を行い、50人以上が参加されました。初めての参加者の顔も目立ち、新たな繋がりも生まれ、大きな出発点となりました。

半田さん講演8・29「憲法改正を待つまでもなく『戦争ができる国』になった」。防衛省取材担当の東京新聞編集委員半田滋さんは、日本の現状をこのように明快に断じました。
半田氏はその具体例として「18防衛大綱」に盛り込まれた、護衛艦「いずも」の空母化、F35B機の大量購入、長距離ミサイルの導入などを挙げました。いずれも敵基地を攻撃できる性能を持った戦闘兵器群です。そして実際に中国の鼻先である南シナ海まで海自が出撃し、独自訓練や米軍との合同訓練を実施しているのです。



半田さん講演パワポ8・29
18大綱は、それまで防衛省がたたき台を作ったのと違って、「国家安全保障会議」が作成し、しかもここでの議論の中身は国家秘密法制定によって全くわからなくなってしまっている。米兵器の「爆買い」によって防衛費は史上最大に膨れ上がっている。恐るべき状況です。

五條さんパワポ8・29
百万人署名運動東京北部連絡会の五條代表は「臨時国会での改憲発議を許さない」「一日も早く安倍を引きずりおろそう」と、10月国会に向けての闘いの強化を訴えました。

s-8.29集会画像2
「日の丸・君が代」不起立で10回の処分攻撃にも屈せず闘う田中聡史さんの訴えには「『学校が軍隊のようになっている』のに激しくうなづいてしまった」と参加者の声が寄せられました。

青年の上映8・29
沖縄・広島行動や韓国への排外主義反対の官邸前行動などの上映と報告を行った集会冒頭の青年企画は、「青年学生と共闘したい」のアンケートが寄せられるなど、好評でした。
また、駅前でプラカードを持ってスタンディングしていて知り合った練馬区内の仲間同士が並んでの発言には、大きな拍手がありました。

8.29集会画像1
自治体労働者から、北区での「憲法トークカフェ」の報告も行われた。北部の各地域で、大中小の取り組みが行われています。
8月28日のJアラート訓練には、練馬・板橋・北区で中止の申入れを行いましたが、なんと当日になって各自治体のHPに以下の広報がのり、中止となりました。
「本日、午前11時より予定していた全国瞬時警報システム(Jアラート)の試験放送について、消防庁国民保護室より、西日本で発生している大雨の対応により全国的に中止するとの連絡がございましたので、当区(市)においても中止といたします。」
Jアラート訓練とは、戦争を煽るだけの目的のものであり、必要なものではないのです!

練馬の陽和病院・一陽会労組から「関西生コン支部への弾圧は、全ての労働者にかけられたもの」との訴えがあり、会場から1万1千円のカンパが寄せられました。まったくこの弾圧を知らない方々が、帰りがけに次々お札をカンパ袋に入れてくださいました。


「表現の不自由展」の再開要求も盛り込んだ「安倍政権を改憲発議もろともに打倒しよう」との集会宣言が、参加者全員の拍手で確認されました。
教育現場などの職場と青年を軸にし、関西生コン弾圧を改憲そのものとして据えた集会として実現したことが、成功の要因だと思います。
韓国敵視と天皇制イベント攻撃を洪水の如く押し出し、戦争前夜を思わせる現状況下で、韓日民衆連帯を掲げ、安倍打倒、改憲・戦争絶対反対の秋の陣に向かって進みましょう!

  8・29集会宣言

私たちは、昨年8月17日に開催した結成集会をもって「改憲・戦争阻止!大行進」東京北部実行委員会を立ち上げ、東京北部地域(文京区、豊島区、北区、板橋区、練馬区)から改憲・戦争を阻止する闘いを開始しました。そして本日、1周年集会を開催しました。

この間、私たちは、戦争は生命を否定する究極の人権破壊であり、絶対に阻止しなければならないとの決意の下、職場で、地域で、様々な活動を行ってきました。

安倍首相は、2012年末の第2次政権発足以来、「改憲」を掲げ続けてきました。その主張は様々に変遷してきましたが、一昨年の憲法記念日以来、自衛隊明記に集約されてきています。
「現行憲法の自主的改正」は自民党結党以来の党是であり、9条改憲はその焦点であり続けてきましたが、日本の労働者・市民は「2度と戦争はしない」決意の下に闘い、明文改憲を許してきませんでした。

しかし、明文改憲はなされなくても、現実には様々な局面で憲法の理念は日々踏みにじられてきました。特に安倍政権による憲法9条の蹂躙ぶりには目に余るものがあり、集団的自衛権行使容認の閣議決定、日米ガイドラインの改定、安保法制=戦争法の制定、空母等「攻撃的兵器」の保有、辺野古新基地・高江ヘリパッドの建設、自衛隊の南西諸島配備等々枚挙にいとまがありません。

そしてもうひとつ、深刻なのは憲法第3章に規定された「国民の権利」、基本的人権の侵害です。昨年の結成集会の記念講演で取り上げた石原都政以来続いている都立学校の卒入学式における「日の丸・君が代」強制もその一例ですし、このところ議論になっているあいちトリエンナーレにおける「表現の不自由展・その後」の中止もきわめて深刻な事態です。
この展示は、2015年に開催された「表現の不自由展」を引き継ぐものとして企画されました。その会場となったのは東京北部地域の練馬区にあるギャラリー古藤で、私たちも絵画展や上映会、学習会などでしばしば利用しています。また、両展の実行委員である永田浩三武蔵大学教授とも星野文昭さんの再審運動などでお付き合いがあります。
すでに多くの団体、個人が中止を批判し再開を求めるアピールを発しており、それらに付け加えることはありませんが、ギャラリー古藤で「表現の不自由展」を見て衝撃を受けた私たちも、河村たかし名古屋市長や菅義偉官房長官、松井一郎大阪市長らの言動を弾劾し、早期の再開を求めます。

子どもや女性・若者の貧困、ブラック企業や非正規労働者の問題も座視することはできません。関西では、闘う労働組合である関西生コン支部に対して、ストライキやコンプライアンス活動を威力業務妨害や恐喝、強要として摘発し、現場にいなかった幹部を「共謀」で逮捕するというとんでもない弾圧が行われています。

改憲・戦争を阻止する闘いは、こうした社会の理不尽なありように対して、私たちが自身の足元から行動していくことでこそ、大きな力を持っていくのではないでしょうか。東京北部地域の職場と地域で「大行進」の運動を作り、つなげ、広げていきましょう。みんなで知恵と力を出し合いましょう。そして一日も早く、安倍政権を改憲発議策動もろともに打倒しましょう。
そのためにも、11月3日、日比谷野音で行われる「全国労働者集会&改憲阻止!1万人行進」に集まりましょう。

2019年8月29日
「改憲・戦争阻止!大行進」東京北部実行委員会 1周年集会参加者一同
 

対韓国輸出制限は戦争への道 今こそ労働者の国際連帯を! 8・12労働者市民の集いに集まろう

14701c9c
東京北部ユニオンブログより

8月2日、安倍政権は、輸出手続き上の優遇措置を与える「ホワイト国」から韓国を除外する閣議決定に踏み切りました。
徴用工訴訟で日本企業への賠償を命じた韓国大法院決定への報復措置とともに、マスコミは国家主義・排外主義の大合唱。そして日韓の貿易と民間交流への深刻な影響が急速に拡大しています。

しかし、植民地支配された韓国の徴用工の訴えは正当です。それは戦争責任を居直る安倍政権への怒りです。

韓国「反安倍」デモ
7月27日、韓国・ソウルで開かれた韓国への輸出規制に抗議する5000人の「ろうそく集会」をマスコミは「反日デモ」と報道したが、参加者が掲げたプラカードにあったのは、ハングルで「NO安倍」とあり、明確に安倍首相を批判しています。
「韓国『安倍糾弾デモ』のメカニズム」(徐台教氏  | ソウル在住ジャーナリスト。「コリアン・ポリティクス」編集長のリポート)参照

労働者は、国境を越えて一つです。労働者の国際連帯で戦争を止めましょう。
それをリアルにつかみ実際に前進させる集会が、8月12日に行われます。ぜひ参加してください。

■国益と排外に憲法は屈するのか?8.12労働者市民のつどい
とき◆8月12日(月・休)午後1時開会
ところ◆曳舟文化センター(墨田区、京成押上線「京成曳舟」1分)

講演◆半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員)「先制攻撃する自衛隊」
コント◆松元ヒロさん「なんでもアリで安倍改憲?」
アピール◆韓国・民主労総ソウル本部「国際連帯で戦争止めよう」
報告◆西川重則さん「憲法審査会を動かすな!」 ほか
資料代:1000円(前売800円)
主催◆8.15実行委員会(tel.03-5467-8480)

a2e0cf3e

また、民主労総との国際的な団結を結んできたJRの労働組合である動労千葉は、この事態に緊急アピールを発しました。私たちもこのアピールに賛同し、ここに転載させていただきます。

(緊急アピール) 動労千葉国際連帯委員会

改憲・戦争に向かう安倍政権打倒!
対韓国輸出制限を即時撤回せよ!

安倍政権は、「徴用工」とされた方々の訴えに関し日本企業への賠償を命じた韓国大法院決定を激しく攻撃し、はては報復的輸出規制に訴えて国家主義・排外主義、韓国民衆への敵愾心を煽りたてている。われわれはその非道な攻撃を絶対に許さない。日本政府は戦後74年間、歴史に深く刻まれた戦争責任を未だ明確にとることなく開き直っている。そして、韓国民衆が今もその責任を問うて必死に声をあげ続けざるをえない状況を強制してきた。その痛みがどれほどのものか真剣に向き合わなければいけないというのに、逆に口を極めて罵り、攻撃することを絶対に許してはならない。

しかも、その企みの背後では憲法を改悪し、大軍拡を進め、日本を再び「戦争のできる国」にしようとする歴史的大反動が進められている。

安倍政権は3化学製品に加え、「安全保障上の輸出管理問題」と称して1000品目にわたる輸出規制を閣議決定し8月末に施行すると発表している。それは戦争行為に等しい暴挙だ。

日本の労働者は“二度と戦争を繰り返させてはならない”と固く決意して戦後再び歩みはじめたはずであった。問われているのはわれわれ自身だ。韓国の労働者民衆は私たちの敵ではない。私たちの友人だ。敵は国家主義を煽りたてる日本政府だ。私たちは怒りに燃え立つ韓国労働者民衆の闘いを断固として支持する。固く団結し、戦争を煽りたてる安倍政権を倒すために全力を尽くして闘いぬくことを決意する。

日本帝国主義は1910年の「韓国併合条約」を契機として、本格的な朝鮮、中国、アジア侵略に突入した。徴用工問題とは軍隊慰安婦問題と並び、「言葉まで奪う」過酷な民族抑圧と抹殺の支配体制のもとで行われた凶悪な戦争犯罪だ。

そして1965年、日本政府はその「清算」を狙ってパクチョンヒ軍事独裁政権との間で日韓基本条約を締結した。巨万の韓国人民は、軍隊を使った弾圧をも突き抜けて韓日条約反対闘争を貫いた。日本でもこの韓国人民の不屈の闘いに励まされ、動労千葉青年部など多くの青年労働者は日韓条約反対を闘い抜いた。

しかし日本政府はこの条約とその締結過程を通して、謝罪はおろか「韓国併合条約」は「合法」と言い募り、「賠償」の言葉も一切使用せず、いくばくかの資金を軍事独裁政権に渡して日本資本の対韓投資の呼び水として行った。安倍政権が繰り返す言辞「1965年の日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決」は全くのペテンである。

安倍政権とJRは手を組んで、「自動運転」を理由に運転士・車掌まで外注化・非正規職化に叩き込み、国鉄闘争の破壊に踏み切った。関西生コン支部に対しては、労働組合活動そのものであるビラ配布やコンプライアンス点検活動まで「恐喝未遂」や「威力業務妨害」にでっち上げ、80人以上の組合員を逮捕・拘留し50人以上を起訴すると言う常軌を逸した大弾圧を開始している。

労働組合というあり方を根絶する攻撃が、国家主義・排外主義を煽り立てる中で進行している。しかし一方で、職場生産点を階級的労働運動が握りしめる闘いが確実に進み、日韓労働者の共同闘争を軸とした国際連帯の闘いが大きく発展している。

私たちは労働者の今と未来を掛け、韓国・世界の労働者と固くスクラムを組み、報復的輸出規制を絶対に許さず、改憲・戦争に向かう安倍政権を必ずや打倒する。

共に闘おう!

2019年8月1日

動労千葉国際連帯委員会

戦後初の「改憲」焦点にした国政選挙 ~参院選にあたって訴える

(東京北部ユニオンブログより)
改憲・戦争阻止!大行進の呼びかけ団体である動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)のアピールを転載します。
533404bfeb7790f8bbd7b63e59e842d4-768x545
改憲・戦争絶対許すな!
非正規職だけの社会にさせるな!

 戦後初の「改憲」争点とした国政選挙
index
 安部首相は、今次参院選を「改憲の是非を問う選挙」と位置づけた。告示にあたっての記者会見では「令和の日本がどのような国を目指すのか理想を語るのが憲法」「議論すらしない政党か、議論を進める政党かを選ぶ選挙だ」と打ち上げ、公約には「早期の憲法改正を目指す」と明記されている。安倍政権は、7月21日投票の参院選を、戦後初めて「改憲」を争点とした国政選挙として挙行し、秋の臨時国会で改憲を発議しようとしている。「戦争放棄」「戦力不保持」を定めた9条をくつがえし、「戦争のできる国」にしようというのだ。

 そのために、新天皇即位や東京オリンピック祝賀の政治的キャンペーンが組織されている。1940年、「皇紀2600年」の大祝賀運動のもと、大政翼賛会・産業報国会が組織され太平洋戦争に堕ちていった歴史とそっくり同じことが繰り返されている。われわれは歴史の大きな分岐点に立っている。道を踏み違えてはならない。

11月集会デモ
 憲法9条に自衛隊保有が明記されれば、「兵力確保」が憲法上の義務となる。地方自治体や学校には自衛官募集の義務が課せられ、マスコミや企業も協力が強制される。今でさえ「自衛官募集に非協力的だ」と地方自治体が激しく非難されている。若者の自衛隊への入隊は、海外派兵が始まってから半減している。この状況の中で、自衛隊が憲法に明記されれば、必ず徴兵制が俎上にのぼることになる。改憲とは、これまでの社会のあり方を根本からくつがえすクーデターに他ならない。
さらに安倍政権は、「緊急事態」には憲法を停止し、首相に独裁的権限を与える条項を新設しようとしている。かつてナチス・ヒトラーは憲法を一条も変えることなく独裁と戦争と大虐殺を遂行した。その時に使った手口が「緊急事態条項」の発動であった。

 空前の大軍拡が進んでいる。攻撃型空母の建造、最新鋭ステルス型戦闘機F35147機の購入、地上配備型迎撃ミサイルシステム・イージスアショア配備が決定され、反対の声を踏みにじって沖縄・辺野古新基地建設が強行されている。集団的自衛権への踏み出し、戦争法の制定をもって「専守防衛」も有名無実化し、武器輸出が「成長戦略」として推進され、報道の自由は封殺されて国家主義・排外主義が洪水のようにあおられている。

 開始された戦後最大の雇用破壊攻撃
 それと一体で、戦後最大の雇用破壊攻撃が吹き荒れている。「働き方改革こそ、安倍政権の最大のチャレンジだ」というのだ。「無期雇用転換」の美名の下に「非正規職のジェノサイド」が吹き荒れ、「高度プロフェッショナル制度」と称して8時間労働規制が打ち砕かれ、「同一労働同一賃金」の名の下に非正規職並賃金の「名ばかり正社員」が大量に生み出され、「雇用契約によらない働き方」と称して労基法も、最低賃金法も、社会保険法も適用されない「労働者」が生み出されようとしている。安倍政権は「生産性革命」を掲げて「非正規職だけの社会」をつくろうとしているのだ。
 先進諸国の中で、日本の労働者の賃金水準だけが、この20年の間に9%下落している。その間に英・米・仏・独の賃金が60~90%上昇していることを見れば、あまりにも異常な事態が進行したことがわかる。

第二次安倍政権の6年間で非正規職が309万人増加し、全雇用労働者の39%に達した。1600万人以上が年収200万円以下で働いているのだ。「年金では2千万円不足する」という金融庁の報告や政府の態度に怒りの声が燃え広がっている。だが現実は、2千万円足りないどころか、今後、非正規職労働者の高齢化に伴い「700万人余りが生活保護に落ち込んでいく」と言われているのだ。
30年にわたって吹き荒れた新自由主義攻撃は、社会を破壊して暴れ回るむきだしの暴力であった。生み出されたのは「全世代が集団懲罰にかけられているような」社会だ。今こそ新自由主義を終わらせるために立ち上がらなければならない。

 労働運動の復権をかちとろう!
 今JRの職場では、首相官邸と資本が一体となった激しい労組破壊攻撃が吹き荒れている。国鉄分割・民営化に賛成した御用組合さえ潰して「労組なき社会」をつくろうとする攻撃だ。それと一体で鉄道業務のすべてを何百もの子会社にバラバラに外注化し、労働者ごと突き落としていく攻撃が進行している。これが「働き方改革」の正体だ。
また、ゼネコンと巨大セメントメーカーに立ち向かい続けてきた全日建連帯労組関西地区生コン支部に対しては、ストライキに立ち上がったがゆえに70人もの組合員が次々と不当逮捕される組織絶滅型の大弾圧がかけられている。それは、改憲と「働き方改革」を貫徹するための労働運動解体攻撃だ。現代の産業報国会化攻撃に他ならない。

 われわれはこんな攻撃には絶対に負けない。労働運動が潰されたとき戦争は現実化するのだ。「戦争だけは二度としてはならない」は、戦後日本の労働運動の原点であった。今こそ眦(まなじり)を決して立ち上がるときだ。韓国で、アメリカで、フランスで、香港で、全世界で、社会の変革を求める怒りの声は燃え広がっている。改憲と戦争を許すな! 非正規職だけの社会は絶対に作らせない! 労働運動の復権をかちとろう! 反動安倍政権を打倒しよう!

11月集会会場
動労千葉は、11月3日、連帯労組関西生地区コン支部、全国金属機械港合同、韓国・民主労総ソウル地域本部とともに、今秋臨時国会での改憲発議阻止、「働き方改革」粉砕、労働運動再生をめざして、日比谷野外音楽堂で、労働者総決起集会・改憲阻止!1万人大行進を開催します。ぜひとも多くの仲間たちの結集を訴えます。

辺野古埋めるな!9条変えるな! 「改憲・戦争阻止!大行進」1周年集会inすぎなみのお知らせ

d404c5453351e78e

辺野古埋めるな!9条変えるな!

「改憲・戦争阻止! 大行進」1周年集会inすぎなみ


集会プログラム 

17:00 開場(ロビーで多彩な展示を行っています)

18:3519:10 上映『SAVE HENOKO

19:1019:40 講演『沖縄の闘いに連帯を』藤本 幸久 さん(映画監督)

19:4019:50 若者たちによる群読

19:5020:15 講演『戦争への道を阻むために』高山 俊吉 さん(弁護士)

20:1520:40 地域や労働者からの発言

【とき】3月1日(金) 開場 午後5時

【ところ】セシオン杉並ホール(杉並区梅里1の2232

【資料代】500円

【主催】「改憲・戦争阻止! 大行進」実行委員会











11・4全国労働者集会/改憲阻止!1万人大行進(日比谷野音)に集まろう

9142531b-s
10月24日の臨時国会開会日、安倍首相は所信表明で、改憲発議を打ち出しました。
「議員の責任で」と公明党・維新だけでなく、国民民主・立憲民主などに「大政翼賛」を呼びかけ、自民党改憲案の提示から改憲案発議を狙っています。
戦後かつてない改憲をめぐる決戦に入りました。

改憲・戦争、労働大改悪と闘う11・4全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進に集まり、安倍政権を倒しましょう。1万人の銀座デモを実現しましょう。


11・4全国労働者集会
改憲阻止!1万人大行進

11月4日(日)正午開会
東京・日比谷野外音楽堂
s-s-644bc8d8



■第1部 全国労働者集会


呼びかけ団体から

武谷新吾(全日建運輸連帯労組関西生コン支部)
aa7bfe2d
ゼネコン・セメントメーカーの収奪に抗する生コン労働者の産業別労働組合運動を展開。
激しい刑事弾圧と闘いつつ、改憲・戦争反対の先頭に立つ


中村吉政(全国金属機械労働組合港合同)
p20141102c


田中康宏(国鉄千葉動力車労働組合)
p20141102e


金元重(国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動)



国際連帯の訴え

★韓国・民主労総ソウル地域本部
f2796_01_02a
パククネ政権を倒した「ローソク革命」の先頭でゼネストを引き継ぎ、「職場革命」を闘う


★全米教員ストの震源地から
 ジェイ・オニールさん (ウェストバージニア・ユナイテッド)
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-1
f2942_02_02c
アメリカ全州を揺るがす教育労働者ストライキの先頭に立つ

★イラク戦争では港湾封鎖で闘った
国際港湾倉庫労働組合(ILWU)
p1030953
イラク戦争では港湾封鎖のストライキを闘ったILWU


「働き方改革」との闘い
★東京過労死を考える家族の会
6


国鉄1047名解雇撤回闘争
乗務員勤務制度解体・外注化を許すな


■第2部 改憲阻止!1万人大行進


★西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動)
p20171105-40-768x512


★野本三吉(改憲阻止!大行進・神奈川(準))

★福本道夫(横田・基地被害をなくす会)
4990b808-s


★沖縄・福島・三里塚から

宮城盛光さん
沖縄基地撤去の先頭に立つ、宮城盛光さん(北中城村 前村議)

p20171105-128-768x512
佐藤幸子さん(福島診療所建設委員会)

★築地市場の移転に反対する仲間から
f2984_02_02a
小池都政の豊洲移転強行に抗して、築地市場内での営業が続けられている

★星野文昭さんを取り戻そう全国再審連絡会議

その他、多数の団体や青年労働者、学生からアピール!

※歌や朗読劇ほか
p20171105-129-768x512
昨年は、青年たちによる寸劇が好評を博した


■午後3時 銀座デモ

東電前を通って東京駅前~常盤橋公園まで
誰でも参加できます!

p20171105-63-768x512

p20171105-70-768x512

p20171105-69-768x512

 (呼びかけ)全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部/全国金属機械労働組合港合同/国鉄千葉動力車労働組合/国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動/改憲・戦争阻止!大行進
【事務局】〒260-0017 千葉県千葉市中央区要町2-8 DC会館内
電話 043-222-7207  FAX 043-224-7197


b7a6a8bf1bcafb5186e46a7148f40380-1-768x1086

ストップ9条改憲発議! 労働大改悪・総非正規雇用化と闘おう!
 
国鉄1047名解雇撤回! 第3の分割・民営化攻撃粉砕! 

改憲・戦争に向けた労働組合の破壊を許すな!

11月4日、日比谷野音に集まろう

記事検索
最新記事
メッセージ

名前
メール
本文