板橋区

大山駅前で「都立病院つぶすな」の街頭宣伝

IMG_20200604_130811
先日、板橋の仲間が大山駅前で「都立病院をつぶすな」街宣を行いました。

小池都知事は、安倍政権のコロナ対策無策ぶりに比べると連日テレビに出るなど「やってる感」はありますが、東京五輪開催に執着して、感染対策がまともにやってこなかったことは安倍政権と全く同じです。
しかも小池都知事は、3月31日に都立病院・公社病院の地方独立行政法人化方針を正式決定しています。独法化とは民営化です。公立病院を解体し、医療崩壊を促進させる独法化にされたら、コロナ感染の第2波には到底対応できません。

都立病院に働く看護師などでつくる労働組合は、「都内で初めての感染者が確認された2月12日から1ヶ月の間、小池都知事はオリ・パラ開催にこだわり続け、コロナには無策でした。PCR検査体制を充実させる、PPE(防護具)の備蓄を強化するなど都民の命を守るために活用できた貴重な1ヶ月を無駄にしたのです。」と訴えています。(都庁職病院支部ニュースより)

このまま小池都知事が都知事に再選されて都立病院つぶしに都民がGOサインを出したようにされることはガマンなりません。

IMG_20200604_131047
大山駅近くには豊島(公社)病院・東京都長寿医療センターがあり、この地域の基幹病院をめぐる問題を示したボードに、大注目。引きも切らず討論になりました。討論になった方の声を紹介します。

「コロナに感染し2月に豊島病院に入院していた」という女性。
都立病院に勤めているという50歳ぐらいの女性「(都立病院独法化は)もう決まっていたと思っていたが、こうやって訴えてくれてうれしい」
「えっ、都立病院をつぶすの!? そんなことできないでしょ」豊島病院帰りの女性。話すると「安倍も小池もだめよ」。
などなど。ほとんどが地域の方でした。


IMG_20200604_133502

コロナ感染の蔓延は、新自由主義の結果です。医療介護現場で働く労働者・労働組合とともに地域から「都立病院をつぶすな」「医療・介護・福祉現場にマスク・防護具を!」の声をあげていきましょう。

成増で星野さん絵画展開きました

IMG_20181209_154909
12月8日と9日の2日間、板橋区の「まなぽーと成増」の会議室で星野絵画展を行いました。

今回お借りした会場は、前身が社会教育会館で、地域の団体が日常的にサークル活動を行い、中高生や若者に開かれたスペースともなっている、地域活動の拠点です。そこに私たち星野勢力が地域になじむ形で着地しました。
それは、星野さんが獄中44年不屈に闘い再審と解放を求めていることに感動した地域の方の協力があって実現したものです。

成増絵画展1
親子で絵とDVDをじっくり見て要望書を書いてくれた方など、文字通り地域の方が来場してくれました。
11月に練馬で開催した絵画展に来た方が、御礼状を見て足が不自由なのをおして再来場してくれたり、星野さんの闘いに感動してスタッフの手を握って帰っていった若い女性などもいて、絵画展を重ねるごとに繋がりも一過性でない繋がりになってきていることを実感しました。

2日目の最後は、スタッフ全員がそれぞれ来場者に話しかけている状態となり、この1年間で地区の仲間全員が星野闘争の担い手に飛躍したと実感しました。それを主体的条件として、会館利用者との交流なども含めた地域に密着した運動への展望を開いた絵画展になったと思います。

今年19年こそ星野さんの釈放を実現し、再審無罪をかちとりましょう。

Jアラート訓練反対・板橋区への申し入れ報告

板橋申し入れ201808
8月24日、10時から板橋区にJアラート訓練中止の申し入れを行いました。
今回は、改憲・戦争阻止北部実行委員会の結成を受けて、初めての行動でした。

24日、板橋区長への申 し入れは事前に危機管理室にアポを取っていたせいか、2名の職員が待って対応してくれました。
今回の訓練の内容は”放送の音量を大幅に大きくして行う”など、かなり突っ込んだ状況把握とやりとりができました。

また板橋区教育委員会への申し入れは、教育総務課が対応しましたが、板橋区では「ミサイル避難訓練」などは今のところ承知していない、とのことでした。
また、請願や陳情という手段もありますよ、とも言ってくれました。

職員のみなさんも、戦争に加担することなど望んでいないと思います。
教育に携わる部署であるならば、戦前の「小国民教育」の教訓からもなおさらだと思います。
もっともっと、子を持つ親御さんなど地域の声を届け訴えていく必要があると思いました。
改憲発議を絶対に止めましょう!

20180823d-1
8・17改憲・戦争阻止!大行進東京北部実行委員会結成集会

5・16Jアラート訓練反対 板橋区への申し入れ

2018年5 日 16 日 「全国一斉情報伝達訓練」に向けて
「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会・準備会名による要請文を新たに作成して、 3 区への抗議・中止要請行動を行いました。以下、会員の報告を掲載します。

〇板橋区: 5 月 10 日(木)
・区職労 :「業務は上からの指示(法定受託事務)であり職員として逆らえない」、「 J アラート問題が幅広く取り組みが広がることの主旨には賛同します」。組合で話し合っているのかの問いに「 Jアラートについては本部から降りてきていない。大塚の東京自治労連を訪問してはどうか。」と。百万通信を渡して今後参考として送りたいと述べた。
・防災危機管理課:「 J アラートは区役所から165 か所へ一斉に録音を流すだけで、 3 月 14日と同じ」。学校訓練についての問いには「学校での訓練は教育長から指示するが、今回は特にない」。伝達はどのように点検しているのか聞いたら「区役所にあるシステムでチェックできる」とのことだった。
・教育長・教育政策課:不在、女性職員へ渡した。
問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード