お知らせ

2・1『東海第二原発再稼働? 何が問題?』 山崎久隆さん講演&トークを開きます

NAZENいけぶくろブログより
NAZENいけぶくろ2020東海第二山崎久隆さん講演会チラシ
★チラシおもて面PDF

9年目の「3・11」を前にー
『東海第二原発再稼働? 何が問題?』
2・1講演&トーク

「東海第二」ってご存じですか? 東海地方でなく、茨城県東海村にある、操業から40年の老朽原発です。
東海第二原発の「最長20年の運転延長」を原子力規制委員会が認めてから1年余りがたちました。もし東海第二で事故が起きたら、100キロ圏内にある東京にも大きな被害がふりかかるでしょう。
2月1日の講演会にぜひお越しください。

日時:2月1日(土)14時より(開場13時30分)

会場:としま区民センター会議室503 
池袋駅東口より徒歩約7分

※資料代 500円

お話:山崎久隆さん
「劣化ウラン研究会」代表、原子力と環境問題に取り組む「たんぽぽ舎」副代表。
福島原発市民事故調査委員会。 

1980年代より、核兵器と原子力開発に反対する運動に参加。
原子炉の構造などの科学的な分野から、原子力発電の歴史、裁判、内部被ばく、除染、瓦礫問題など、幅広く関わる。
著書:『放射能兵器・劣化ウラン』(技術と人間)、『原発事故から身を守る』(第一書林)、『隠して核武装する日本』(影書房)『福島原発多重人災 東電の責任を問う』(共著:日本評論社)など

主催:NAZENいけぶくろ
連絡先:豊島区西池袋5-13-10-603 
電話:03-6914-0487
メール:nazennaike-311@yahoo.co.jp

NAZENいけぶくろ2020東海第二山崎久隆さん講演会チラシ裏
★チラシうら面PDF


東海第二原発を再稼働させてはいけない! 被ばくから命を守ろう

 3月11日の福島原発事故からまもなく9年。福島現地では、小児甲状腺がんが230人を越えるなど健康被害が現実化し、避難者への住宅追い出し攻撃などの深刻な状況が広がっています。
 3・11後いったん全原発が停止したにも関わらず、政府、財界の原発推進政策が強化され、今や9基が再稼働。現在の最大の焦点が首都圏に唯一位置する東海第二原発の再稼働問題です。
 原子力規制委員会が再稼働にむけた安全審査の認可を決定し、東海第二を運転する日本原電に対して東電が2200億円もの資金援助を決定しました。40年を越え、機器の劣化が著しい老朽原発。高濃度廃棄物を多量に貯留している再処理工場が隣接。
 こんな「日本一危険な原発」で事故が起こったら……?
 地震予測では「マグニチュード7クラスの首都直下型地震が30年以内に発生する確率78%」。東京に住む私たちの問題です。
 今回、山崎久隆さんに東海第二再稼働をめぐる様々な問題についてお話していただきます。ぜひご参加ください。

●福島・南相馬からの避難者の発言
東海第二原発再稼働反対の日本原電前アクション(19年11月27日)
私は南相馬から避難して9年になろうとしています。本当に大勢の人が故郷、暮らしを奪われました。避難生活は本当につらい。豊かな国土の半分がだめにされた。
 人生の後半をどうやっていきようか、これからもう絶対に原発事故はさせない。40年も運転してきた原発を動かすなんて信じられない。原発は絶対に稼働させてはいけない。

NO! 高線量被ばく地帯への常磐線運転再開
試運転3月開始
 12月18~20日の3日間、JR東日本は、不通となっていた帰還困難区域を走る富岡ー浪江間の試運転を強行しました。乗客や労働者の安全を無視し、福島原発事故をなきものとして再稼働へ突き進む安倍政権のやり方は許せません。
 これに抗議する労働組合の声明が報道されました。
「JR東日本の社員で組織する労働組合「動労水戸」(石井真一委員長)は20日、東京電力福島原発事故の影響で不通となっているJR常磐線富岡-浪江間で十八日から三日間実施された試運転について「放射性物質を大量に拡散するものであり、到底認めることのできない暴挙」との抗議声明を発表した。」
(19年12月21日 東京新聞) 

オリンピックやっている場合か 子どもたちの命と未来を守ろう
3・11反原発福島行動へ
 原発事故は終わっていません。8年たっても収束のめどすら立ちません。台風19号の水害で山林の土砂や川底の放射性物質が流出し線量が上がっています。
 全国からのカンパで建設されたふくしま共同診療所が、国や福島県が隠ぺいする被ばくの現実を告発し、「避難・保養・医療」の実践で、地域のよりどころとなっています。ふくしま共同診療所が呼びかける「被曝と帰還の強制反対署名」は、7万筆を超え、原発労働者など福島の怒りが拡大しています。
 安倍政権は「この国を守る」と言いますが、3・11とその後の8年余りが示していることは、国は国民を守らないということです。被ばくの情報を隠し、「避難計画」のウソでごまかして、自治体とJRなどを動員する…。まさに戦争体制です。
 原発も戦争・改憲も東京オリンピックも全部ぶっとばそう!

b7c2c55c.jpg


2020年の3.11反原発福島行動’20へ



福島から、来年2020年3・11反原発福島行動のチラシが届きました。
ぜひ参加しましょう! 詳しくはこちらのブログへ→3・11反原発福島行動

3.11 反原発福島行動 ́20
原発事故は終わってない オリンピックやってる場合か
子どもたちの命と未来を守ろう


2020年3月11日(水)
正午開場/午後1時開会
けんしん郡山文化センター大ホール

(郡山市民文化センター)福島県郡山市堤下町1-2

< お問い合わせ >
福島県郡山市本町2丁目 24-9-B
TEL&FAX 024-905-7759 / 090-2271-8514(遠藤)
3.11fukushimaaction@gmail.com
http://fukushimaaction.blog.fc2.com
郵便振替 02220-2-135317 加入者名 3.11 反原発福島行動実行委員会
3.11反原発福島行動実行委員会

2020311biraver1_1ura.jpg

 あいつぐ台風などの犠牲になられた方々、被害にあわれた皆さんに心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。
テレビやラジオから繰り返された「命を守るための行動を…」「自らの命は自らで守るという意識で」という呼びかけに、「全て自己責任です」と突き放された感覚をおぼえたのは福島の人たちだけではないはずです。東日本大震災の大津波同様、過去の水害教訓がまったく生かされていないだけでなく、自然災害というにはあまりにもお粗末なインフラの実態が明らかになりました。電柱も水道管も道路も橋も堤防も、とっくに耐用年数を超えたものだらけ。自治体合併と職員削減が被害の拡大と長期化をもたらしています。一握りの者にだけ有り余るお金が集中し、必要なところに使われていません。「一機何百億もする戦闘機を買う金を復旧費用に回せ」が巷の声です。関西電力幹部への億を超えるワイロは氷山の一角です。こうやって安全など二の次で運用されてきたのが原発であり、起こるべくして起きたのが福島原発事故です。

9月の東電旧経営陣3人への無罪判決には誰もが怒り心頭です。あれだけの事故を起こしておきながら、政府も電力会社も一人として責任を取りません。「トリチウムは世界中の原発から流されているから安全だ」と言いだして、汚染水を海に放出する気です。帰還困難区域からの避難者までが仮設住宅を打ち切られ、福島県知事が、自主避難者は「わがまま」だとして避難住宅からの追い出し裁判を起こす始末。こんなあべこべがまかり通るのも、「復興」演出の東京オリンピックのためです。オリンピックに合わせ、JR常磐線の帰還困難区域で高線量の駅が「復興拠点」にされ、電車を通そうとしています。

原発事故は終わっていません。8年たっても収束のめどすら立ちません。今回の水害で山林の土砂や川底の放射性物質が流出し線量が上がっています。「公式」発表でも230人を超える小児甲状腺がんを「放射線の影響ではない」と居直る原子力推進勢力の大ウソを多くの人が見抜いています。「放射線は安全だ」と言う副読本を学校で使うことなど絶対にダメです。原発も核もいらないという3・11の原点に返り、福島の怒りが集まりつながりましょう。被災者同士が分断されてはなりません。3・11反原発福島行動’20にぜひお集まりください。集会成功のため多くの皆さんの賛同をお願いします。

■3.11 反原発福島行動 ́20 に賛同します
賛同金(個人/団体1口 1,000 円)

関西地区生コン支部への弾圧を許さない! 10・14東京集会に参加を

0b740b3dd2ab9c207cc4ab18940f5669-724x1024

関西地区生コン支部への弾圧を許さない!
10・14東京集会

10月14日(月・休日)13時開始(12時開場)
曳舟文化センター2階 レクリエーションホール
(京成曳舟駅下車徒歩1分 墨田区京島1丁目38-11)

【講演】木下武男さん(労働社会学者/元昭和女子大学教授)
 「関西生コン支部の運動と弾圧の背景】

【訴え】関西生コン支部来たる!
    武内更一弁護士(憲法と人権の日弁連をめざす会代表)

※資料代500円

主催/10・14集会実行委員会
連絡先/杉並区天沼2--3--7 さかいビル2A
東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会気付
TEL03-3220-7473 FAX03-5930-6136


f3071_01_01a

当たり前の組合活動が犯罪に

生コン産業で働く労働者で組織される労働組合、全日本建設運輸労働組合関西地区生コン支部に対して不当な弾圧が吹き荒れています。昨年7月18日から始まった弾圧は、大阪、滋賀、京都、和歌山へと拡大し、一年で逮捕者84名、起訴64名(2019年8月18日段階)とう未曽有の大弾圧となって今なお執拗に続けられています。
しかし、「罪」となるものは何一つありません。ストライキが「威力業務妨害」とされ、団体交渉での要求や正社員化の要求、安全に作業を行うために違法行為を現場監督に指摘したことが「恐喝」や「強要」の罪とされ、当たり前の労働組合活動が「犯罪」としてねつ造されたのです。

憲法28条は「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利はこれを保障する」と明記しています。さらにこれを実質的に保障するものとして正当な労働組合活動には刑事上、民事上の責任が問われないという原則があります。
これらを否定する関西生コン支部への弾圧は、労働組合の存在する余地をすべて奪い尽くす重大な攻撃であり、戦後最大の労働組合弾圧と言って過言ではありません。

ストライキが犯罪か!?
関西地区生コン支部は、低賃金・長時間労働の生コン輸送労働者の労働条件を変えるべく闘いに立ち上がり、大手セメントメーカーやゼネコンが支配する産業構造に立ち向かい、労働者の労働条件の大幅な向上と安心できる良質の生コンの供給を勝ち取る運動を50年にわたって展開してきた労働組合です。
2010年には近畿一円の建設工事をストップさせる139日間に及ぶストライキで竹中・大林組など大手スーパーゼネコンと対決し、労働者の賃上げを獲得する成果を勝ち取っています。また、沖縄の反基地運動にも精力的に取り組み、改憲や戦争に労働組合として反対を貫いて闘ってきた労働組合です。今回の弾圧は、ゼネコンやセメントメーカーが自らの利益を守るために、労働条件の向上や反戦平和を掲げてストライキで闘うまっとうな労働組合を潰す目的で警察や検察と一体となって仕掛けたものに他なりません。

JR東日本では、昨年2月に社長が首相官邸に呼ばれ、「(2020年)五輪開催中のストライキは会ってはならない」との命を受け、労働組合の解体・一掃に向けて動き始めました。わずか1年のうちにJR東労組から3万6千人が脱退する事態が生み出されています。
国鉄分割・民営化に率先協力した御用組合すらたたきつぶし、JRは「労働組合のない会社」のモデルケースをつくり、それを全社会に広げようとしているのです。

f3071_01_01b

「労働組合なき社会」づくりに反撃を
「働き方改革」を掲げて戦後労働法制の解体に踏み出し、「2020年新憲法施行」に向けて動き始めた安倍政権にとって、労働組合の存在はそれに立ちはだかる壁なのです。
関西地区生コン支部にかけられた労働組合解体攻撃との闘いには、日本のすべての労働者と労働組合の未来がかかっています。関西生コン支部を守るためにあらゆる力を結集させなければならないと考えます。
全国各地で関西生コン支部支援の会が立ち上げられ、多くの弁護士が抗議の声をあげ社会的な反撃が開始されました。闘いはこれからです。集会に多くの方の参加を呼びかけます。

(集会実行委員会チラシより転載しました)

表現の自由回復のために 表現の不自由展実行委員会が望むこと

武蔵大学教授の永田浩三さんが、あいちトリエンナーレ2019での「表現の不自由展」中止について、facebookで「表現の不自由展実行委員会」としての声明を発表しておられます。
以下、ご紹介します。


表現の自由回復のために
表現の不自由展実行委員会が望むこと

すこし長いですが、どうぞお読みください。


 主に日本で起こった検閲や言論規制を受けた作品を集めた展示企画、あいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」は、大規模な言論テロによってわずか展示開始3日目にして終了に追い込まれました。
いま、「表現の不自由展・その後」の入り口は巨大な壁で塞がれています。しかし、会場内は封鎖される前のまま維持され、私たち実行委員会が交代で保全・見守りを続けています。


まず、私たち表現の不自由展実行委員会は、以下の点でこの「大規模な言論テロ」に対し憂慮すべきとともに社会的犯罪として抗議の声をあげます。

1)作家の作品を公開する権利を奪ってしまったこと
2)展示施設で働くスタッフの方々に対する「言葉の暴力」で心身両面での疲弊を強いたこと
3)美術展示施設の表現の自由を破壊したこと
4)痛ましい京都アニメーションの放火事件を連想させる犯罪教唆で社会的不安を引き起こしたこと

まず今回の件でなすべきは、展示終了までの経緯を詳細に至るまで明らかにし、いまや日本社会全体の問題となってしまったこの「表現の危機」の情報を広く分かち合い、議論を喚起することに思います。そして、私たち実行委員会は、展示再開というかたちでの「表現の自由」を回復することこそが、この「表現の危機」に立ちむかう最良の手段であると信じてやみません。
先日、あいちトリエンナーレ2019実行委員会にお渡しした「『表現の不自由展・その後』中止に対する公開質問状」は、再開のための衆議を分かち合うためのステップと位置づけています。

あいちトリエンナーレ2019実行委員会の「展示終了」という最終決定は、表現の不自由展実行委員会に正式な最終通告がなく、大村知事の記者会見をネット等の傍聴で知らされました。
この相互協議のない一方的な措置は、表現の不自由展実行委員会と出展作家の権利を損ねるものであり、批判の声明を出しました。
これは美術展示の意思決定は公正なものでありたいという思いから出したもので、美術界の改善と公共性の向上の願いが根底にあります。決して、あいちトリエンナーレ2019実行委員会との対立を企図してのことではありません。


この「表現の危機」において求められるのは、結束の力です。先ごろ72組の本展と「表現の不自由展・その後」の作家が合流し、「再開の呼び掛け」を訴えるアーティスト・ステートメントがなされました(8月15日現在83組)。私たち実行委員はこれに強く勇気づけられました。その生まれる過程では、私たちが出展作家の仲立ちをし、かれらが合流した経緯もあります。
また、本件で多くの市民の方、ジャーナリスト・有識者団体からも再開を求める支援の声をいただきました。私たちはその期待に応える責務を重く受け止めています。
今度は、私たち表現の不自由展実行委員会とほぼ途絶えがちとなってしまったあいちトリエンナーレ2019実行委員会との間で対話を回復させ、ともに手を携え、再開のための人事を尽くす番だと思います。


私たちが求めるのは、安全かつ安心なかたちでの再開です。私たちは企画準備初期(4月)から、保安上の問題に対しては、私たちの長年の経験をもとに、専門家の知見もいただき、おそらくは最高レベルの対処マニュアルと注意喚起をし続けてきました。抗議行動もある程度予測していました。
そうした事態になった場合、最も懸念されるのは、最前線に立たされる電話応対される職員の方、会場のボランティア監視員の方たちの心身の消耗です。ですから事前の研修の必要性と心身の消耗のケアの重要性も指摘もしてきました。そうした準備が十分になされていなかったことは本当に残念でなりません。
こちらに加え、今回の事態の詳細な情報開示を受け、より広い専門家の参集で事態の分析をともに行っていきたいと思います。
その過程を経て、ご来場いただく方々には安全かつ安心して作品の鑑賞ができる環境づくりを見出すことができると信じています。


ヴェネチア・ビエンナーレやドクメンタを筆頭とする、海外の国際美術展は、近年社会のタブーを直視する政治性の強い美術表現を集め、世に問題提起を投げかけています。日本の美術展示ではそれがかなり希薄であることがしばしば指摘されています。
あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」にも、そうした世界潮流に呼応する意味合いがあります。本展出品作のなかに含まれる、強制連行や日本軍「慰安婦」、天皇制、在日米軍基地、政治と社会の右傾化、福島の放射性物質汚染、といった主題はまさにこの「日本社会のタブー」そのものです。
そうした意味合いを持つ「表現の不自由展・その後」を、圧力に抗して再開させることは、日本の美術と社会の改善と発展に資するものがあるでしょう。
また「表現の不自由展・その後」の原型である、2015年のギャラリー古藤で始まった「表現の不自由展」は、いま日本社会に蔓延しつつある検閲と規制の問題を扱うことで、この社会に公正さと公共性を確保したいという問題意識から生まれました。今回の件で「言論表現の危機」が改めて明らかとなりました。この事態に対し、私たちは再開によって応えたいと思います。

あいちトリエンナーレ2019実行委員会・大村秀章会長、津田大介芸術監督には継続して対話を呼びかけていきます。一緒に力を合わせ、多くの市民やジャーナリスト、識者の方からの応援のもと、再開を実現したいと決意しています。


2019年8月15日

表現の不自由展実行委員会
アライ=ヒロユキ、岩崎貞明、岡本有佳、小倉利丸、永田浩三

あいトリ「表現の不自由展」及び《平和の碑》展示中止反対署名に賛同を

67638591_10211728427805354_7075750443095162880_n
あいちトリエンナーレ2019での「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれるという異常な事態が起こっています。「平和の少女像」などを展示した「表現の不自由展」は、以前練馬区内のギャラリーで行われ、私たちも参加しました。そうした経過からも黙ってみていることはできません。
これは、韓国大法院での徴用工裁判判決を機にした韓国への輸出規制開始など、安倍政権の戦争外交と排外主義・国益主義の扇動のなかで起こっていることです。

これに対し、展示再開を求めて、「あいトリ「表現の不自由展」及び《平和の碑》展示中止反対署名」が行われています。8月18日じゅうの時限的な署名だそうです。ぜひ賛同を拡大したく、以下転送させていただきます。

合わせて、8月12日に曳舟文化センターで行われる「8・12労働者市民の集い」への参加を呼びかけます。
14701c9c
■国益と排外に憲法は屈するのか?8.12労働者市民のつどい
とき◆8月12日(月・休)午後1時開会
ところ◆曳舟文化センター(墨田区、京成押上線「京成曳舟」1分)

講演◆半田滋さん(東京新聞論説兼編集委員)「先制攻撃する自衛隊」
コント◆松元ヒロさん「なんでもアリで安倍改憲?」
アピール◆韓国・民主労総ソウル本部「国際連帯で戦争止めよう」
報告◆西川重則さん「憲法審査会を動かすな!」 ほか
資料代:1000円(前売800円)
主催◆8.15実行委員会(tel.03-5467-8480)

「労働者は一つだ」「東アジア-全世界から新自由主義資本の支配を覆そう」と訴えて闘う韓国・民主労総ソウル本部が来日し発言する集会です。松元ヒロさんの風刺コントもあります。ぜひどうぞ。


あいトリ「表現の不自由展」及び《平和の碑》展示中止反対署名


「表現の不自由展」及び《平和の碑》展示中止反対ご署名の呼びかけ

<賛同のご署名はこちら> 

https://forms.gle/TwRdoKPcnarjhqxUA 

第一次集約 2019年8月18日(日)23:59まで

(以後の集約は状況を見て継続の有無を決定します)

  現在、愛知県豊田市・名古屋市で開催されている国際芸術祭のあいちトリエンナーレ2019の企画展『表現の不自由展・その後』(この企画展は名古屋市で行われています)の中止が発表されました。
 
 同展は、日本軍性奴隷制度・戦時性暴力(別称「慰安婦」)問題や天皇制などをテーマにし、公共の場所で、検閲・撤去された作品を集めて展示しており、キム・ソギョンさんキム・ウンソンさん夫妻の《平和の碑》(作品名の詳細はこちらをご覧ください )も展示されています。この作品は、過去にあったことを記憶し、現在の人々が知り、未来で二度と同じような抑圧を繰り返さないために、制作・展示しています。これは未来のために重要なプロジェクトです。

 しかし、この作品及び企画展に対し一部の政治家、著名人、一般の市民から、事実とは異なる一方的な認識によって、研究・運動の経緯を無視した苛烈な誹謗中傷や脅迫が行われています。8月2日には河村たかし名古屋市長が同展を視察。その後の囲み取材で《平和の碑》について「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う」と発言し、大村秀章愛知県知事に作品の展示中止を求める考えを記者団に明らかにしました(1)。そして8月3日には、トリエンナーレ全体の運営に支障をきたすとして、《平和の碑》をその日限りで展示中止するという方針が報道され(2)同日の数時間後の夕方には『表現の不自由展・その後』そのものを展示中止すると記者会見で発表しました(3)

 私たちは、このできごと自体が、同展が危機を憂慮した「表現の自由」を著しく害するものであるとともに、日本軍性奴隷制度・戦時性暴力(別称「慰安婦」)被害者の心をも踏みにじるものであると考えています。

 大日本帝国は、戦地で戦う日本軍兵士の慰安のために、中国・朝鮮半島・フィリピン・台湾・インドネシア・東ティモール・オランダ・日本等の女性たちを騙し、日本軍が管轄する「慰安所」で性奴隷にしました。被害者の女性たちは、70年以上に渡る長いあいだ、被害者の尊厳の回復と日本政府からの誠実な謝罪・記憶の継承を望んでいます。

 この展示に対する誹謗中傷や脅迫を、一面的な政治問題、表現の自由の問題だけに回収してはいけないと考えます。あいちトリエンナーレ2019は、参加アーティストの男女比を1:1にするなどしてジェンダー平等への取り組みや問題提起を掲げてきました。現在問題とされている《平和の碑》が象徴する日本軍性奴隷制度・戦時性暴力(別称「慰安婦」)は日本のジェンダー不平等が一番歪んだ地点で起きた問題です。戦時下で普遍的に起こる女性への性暴力や被害者の人権と尊厳について、帝国主義について、天皇制について、この展示をきっかけに私たちは真摯に見つめ考えることに努めるべきだと考えます。
 
 そのプラットフォームである企画展『表現の不自由展・その後』および《平和の碑》の展示中止に私たちは強く反対し、その決定の撤回を求めるとともに展示の再開を要求します。
 
 また、「ガソリン携行缶を持って行く」などとテロ行為をほのめかす脅迫や嫌がらせ電話、それらの行為に正当性を与えるような行政の要人による政治的圧力に対しても、強く抗議します。県知事、市長は本来行政の長として、このような圧力や脅迫を助長するのではなく、毅然と対応し表現の自由を守る義務を負っているはずです。
 
 現在、本声明に賛同する方の署名を募っています。署名は集約後、愛知県知事と名古屋市長に提出します。

※2019年8月3日の午後から刻々と状況が変化してきたことを踏まえ、当初公開していた声明文に若干の修正を加え、さらに呼びかけ人を加えました。



2019年8月4日 あいトリ《平和の碑》撤去に反対する有志グループ一同


賛同のご署名はこちらから

第一次集約 2019年8月18(日)23:59まで

(以後の集約は状況を見て継続の有無を決定します)


以下のサイトを参考にしてください

・FIGHT FOR JUSTICE ー《少女像》はどのようにつくられたのか? ~作家キム・ソギョン、キム・ウンソンの思い
http://fightforjustice.info/?page_id=4114
・FIGHT FOR JUSTICE ーQ&A
・FIGHT FOR JUSTICE ー日韓「合意」について

呼びかけ人

阿部綾奈 (希望のたね基金運営委員)
安世鴻(重重プロジェクト)
秋山道宏 (明治学院大学国際平和研究所助手)
熱田敬子 (早稲田大学講師(任期付)  社会学、ジェンダー研究)
池允学 (会社員・在日本朝鮮人人権協会・在日本朝鮮青年同盟東京都管下江戸川支部)
鄭幸子 (岡山大学)
鄭優希 (団体職員)
戴エイカ (ノースキャロライナ州立大学)
後藤稚菜 (A’s Salon)
Kyunghee Ha (Eclipse Rising)
한기덕 (書店経営)
星野正樹 (希望のたね基金)
藤永壮 (大学教員)
伊田久美子 (大阪府立大学名誉教授)
飯島滋明 (名古屋学院大学教授)
石田亮太 (東京外国語大学)

磯貝治良 (著述家)
岩国英子 (陶芸家・彫刻家)
樫村愛子 (大学教員)
加藤圭木 (一橋大学大学院社会学研究科准教授)
川田文子 (作家)
金富子 (東京外国語大学教授  ジェンダー学、植民地朝鮮ジェンダー史)
金美穂
김서경 (
「平和の少女像」作家)
김운성 (「平和の少女像」作家)
絹川知美 (サンフランシスコ州立大学・「慰安婦」正義連盟)
清末愛砂 (室蘭工業大学大学院准教授)
熊野功英 (一橋大学社会学部)
草地大作 (日本基督教団牧師)
李史織 (会社員・名古屋市民)
李-蔡・麗潤 (神戸市外国語大学)
森下綾香 (多摩美術大学絵画学科油画専攻  愛知県出身)
村田佐希子 (東京外国語大学大学院)
村田峻一 (新潟大学大学院生)
牟田和恵 (大阪大学教授)
中尾江利 (多摩美術大学院博士前期課程絵画領域油画専攻)

中村寛 (多摩美術大学美術学部共通教育・准教授)
乗松聡子 (ピース・フィロソフィー・センター代表  (カナダ・バンクーバー))
小川里津子 (希望のたね基金)
大川日向子 (早稲田大学文化構想学部)
大嶽恵子 (名古屋市民)
岡野八代 (同志社大学教員)
柴洋子    (台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会)
新畑信    (希望のたね基金運営委員)
田尻歩    (明治大学非常勤講師)
竹田恵子 (東京大学大学院情報学環 特任准教授)
谷こころ(自由業)
谷虹陽    (慶應義塾大学文学部)
匿名    (多摩美術大学美術学部彫刻学科)
匿名    (多摩美術大学美術学部彫刻学科)
山口智美 (モンタナ州立大学教員)
山本かほり (愛知県立大学教員)
山本みはぎ (不戦へのネットワーク)
梁永山聡子 (多摩美術大学他非常勤講師  社会学ジェンダー研究)
梁澄子(希望のたね基金代表理事)
이두희 (名古屋市民)

問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード