お知らせ

【池袋・江古田とも中止・延期】関西生コン労組への弾圧を許さない ドキュメンタリー映画「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」上映会

北部「棘」上映会チラシ・オモテ完成
関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
上映&トーク

※池袋上映会・江古田上映会とも、「緊急事態宣言」を受けての休館措置やオーナーの判断で、残念ながら中止とさせていただきます。
コロナウイルス感染が一定程度収まるのを見て、必ず後日開催いたします。どうぞよろしくお願いします。


●池袋上映会 中止・延期
4月11日(土) としま区民センター 7階会議室
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328


●江古田上映会 中止・延期
4月18日(土) ギャラリー古藤
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328



語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会

上映協力金1000円
事前チケット   800円

(問い合わせは下記にご連絡下さい)
主催:「棘」上映東京北部実行委員会
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp

北部「棘」上映会チラシ・うら完成s


奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。



toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。
その男は、19歳の時に島を出る。
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。
その男は、会社に抗議をした。
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。
そこから、男の人生は激変する・・・・・。
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。

東京オリンピックを前に、教育・自衛隊を問う―3・6改憲・戦争反対集会in練馬

2020年改憲・戦争阻止大行進東京北部3・6集会完成_ページ_1

東京オリンピックを前に、教育・自衛隊を問う―
3・6改憲・戦争反対集会 in練馬

3月6日(金)
18時半~「自衛隊中東派兵反対横須賀闘争」など上映
19時 開会
練馬駅前「ココネリ」3階研修室1(西側)

戦争教育をゆるさない だから「日の丸・君が代」に反対
お話 田中聡史さん
(「君が代」不起立被処分者 石神井特別支援学校教員)

改憲阻止アピール 五條敦さん
(とめよう戦争への道!百万人署名運動東京北部連絡会)

関西生コン労組支援運動呼びかけ 吉本伸幸さん
(東京西部ユニオン・鈴木コンクリート工業分会書記長)

主催:ストップ改憲!ねりま連絡会/改憲・戦争阻止!大行進東京北部実行委員会

2020年改憲・戦争阻止大行進東京北部3・6集会完成_ページ_2




東京オリンピックを前に、教育・自衛隊を問う―3・6改憲・戦争反対集会in練馬

2020年改憲・戦争阻止大行進東京北部3・6集会完成_ページ_1

東京オリンピックを前に、教育・自衛隊を問う―
3・6改憲・戦争反対集会 in練馬

3月6日(金)
18時半~「自衛隊中東派兵反対横須賀闘争」など上映
19時 開会
練馬駅前「ココネリ」3階研修室1(西側)

戦争教育をゆるさない だから「日の丸・君が代」に反対
お話 田中聡史さん
(「君が代」不起立被処分者 石神井特別支援学校教員)

改憲阻止アピール 五條敦さん
(とめよう戦争への道!百万人署名運動東京北部連絡会)

関西生コン労組支援運動呼びかけ 吉本伸幸さん
(東京西部ユニオン・鈴木コンクリート工業分会書記長)

主催:ストップ改憲!ねりま連絡会/改憲・戦争阻止!大行進東京北部実行委員会

2020年改憲・戦争阻止大行進東京北部3・6集会完成_ページ_2




2・1『東海第二原発再稼働? 何が問題?』 山崎久隆さん講演&トークを開きます

NAZENいけぶくろブログより
NAZENいけぶくろ2020東海第二山崎久隆さん講演会チラシ
★チラシおもて面PDF

9年目の「3・11」を前にー
『東海第二原発再稼働? 何が問題?』
2・1講演&トーク

「東海第二」ってご存じですか? 東海地方でなく、茨城県東海村にある、操業から40年の老朽原発です。
東海第二原発の「最長20年の運転延長」を原子力規制委員会が認めてから1年余りがたちました。もし東海第二で事故が起きたら、100キロ圏内にある東京にも大きな被害がふりかかるでしょう。
2月1日の講演会にぜひお越しください。

日時:2月1日(土)14時より(開場13時30分)

会場:としま区民センター会議室503 
池袋駅東口より徒歩約7分

※資料代 500円

お話:山崎久隆さん
「劣化ウラン研究会」代表、原子力と環境問題に取り組む「たんぽぽ舎」副代表。
福島原発市民事故調査委員会。 

1980年代より、核兵器と原子力開発に反対する運動に参加。
原子炉の構造などの科学的な分野から、原子力発電の歴史、裁判、内部被ばく、除染、瓦礫問題など、幅広く関わる。
著書:『放射能兵器・劣化ウラン』(技術と人間)、『原発事故から身を守る』(第一書林)、『隠して核武装する日本』(影書房)『福島原発多重人災 東電の責任を問う』(共著:日本評論社)など

主催:NAZENいけぶくろ
連絡先:豊島区西池袋5-13-10-603 
電話:03-6914-0487
メール:nazennaike-311@yahoo.co.jp

NAZENいけぶくろ2020東海第二山崎久隆さん講演会チラシ裏
★チラシうら面PDF


東海第二原発を再稼働させてはいけない! 被ばくから命を守ろう

 3月11日の福島原発事故からまもなく9年。福島現地では、小児甲状腺がんが230人を越えるなど健康被害が現実化し、避難者への住宅追い出し攻撃などの深刻な状況が広がっています。
 3・11後いったん全原発が停止したにも関わらず、政府、財界の原発推進政策が強化され、今や9基が再稼働。現在の最大の焦点が首都圏に唯一位置する東海第二原発の再稼働問題です。
 原子力規制委員会が再稼働にむけた安全審査の認可を決定し、東海第二を運転する日本原電に対して東電が2200億円もの資金援助を決定しました。40年を越え、機器の劣化が著しい老朽原発。高濃度廃棄物を多量に貯留している再処理工場が隣接。
 こんな「日本一危険な原発」で事故が起こったら……?
 地震予測では「マグニチュード7クラスの首都直下型地震が30年以内に発生する確率78%」。東京に住む私たちの問題です。
 今回、山崎久隆さんに東海第二再稼働をめぐる様々な問題についてお話していただきます。ぜひご参加ください。

●福島・南相馬からの避難者の発言
東海第二原発再稼働反対の日本原電前アクション(19年11月27日)
私は南相馬から避難して9年になろうとしています。本当に大勢の人が故郷、暮らしを奪われました。避難生活は本当につらい。豊かな国土の半分がだめにされた。
 人生の後半をどうやっていきようか、これからもう絶対に原発事故はさせない。40年も運転してきた原発を動かすなんて信じられない。原発は絶対に稼働させてはいけない。

NO! 高線量被ばく地帯への常磐線運転再開
試運転3月開始
 12月18~20日の3日間、JR東日本は、不通となっていた帰還困難区域を走る富岡ー浪江間の試運転を強行しました。乗客や労働者の安全を無視し、福島原発事故をなきものとして再稼働へ突き進む安倍政権のやり方は許せません。
 これに抗議する労働組合の声明が報道されました。
「JR東日本の社員で組織する労働組合「動労水戸」(石井真一委員長)は20日、東京電力福島原発事故の影響で不通となっているJR常磐線富岡-浪江間で十八日から三日間実施された試運転について「放射性物質を大量に拡散するものであり、到底認めることのできない暴挙」との抗議声明を発表した。」
(19年12月21日 東京新聞) 

オリンピックやっている場合か 子どもたちの命と未来を守ろう
3・11反原発福島行動へ
 原発事故は終わっていません。8年たっても収束のめどすら立ちません。台風19号の水害で山林の土砂や川底の放射性物質が流出し線量が上がっています。
 全国からのカンパで建設されたふくしま共同診療所が、国や福島県が隠ぺいする被ばくの現実を告発し、「避難・保養・医療」の実践で、地域のよりどころとなっています。ふくしま共同診療所が呼びかける「被曝と帰還の強制反対署名」は、7万筆を超え、原発労働者など福島の怒りが拡大しています。
 安倍政権は「この国を守る」と言いますが、3・11とその後の8年余りが示していることは、国は国民を守らないということです。被ばくの情報を隠し、「避難計画」のウソでごまかして、自治体とJRなどを動員する…。まさに戦争体制です。
 原発も戦争・改憲も東京オリンピックも全部ぶっとばそう!

b7c2c55c.jpg


2020年の3.11反原発福島行動’20へ



福島から、来年2020年3・11反原発福島行動のチラシが届きました。
ぜひ参加しましょう! 詳しくはこちらのブログへ→3・11反原発福島行動

3.11 反原発福島行動 ́20
原発事故は終わってない オリンピックやってる場合か
子どもたちの命と未来を守ろう


2020年3月11日(水)
正午開場/午後1時開会
けんしん郡山文化センター大ホール

(郡山市民文化センター)福島県郡山市堤下町1-2

< お問い合わせ >
福島県郡山市本町2丁目 24-9-B
TEL&FAX 024-905-7759 / 090-2271-8514(遠藤)
3.11fukushimaaction@gmail.com
http://fukushimaaction.blog.fc2.com
郵便振替 02220-2-135317 加入者名 3.11 反原発福島行動実行委員会
3.11反原発福島行動実行委員会

2020311biraver1_1ura.jpg

 あいつぐ台風などの犠牲になられた方々、被害にあわれた皆さんに心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。
テレビやラジオから繰り返された「命を守るための行動を…」「自らの命は自らで守るという意識で」という呼びかけに、「全て自己責任です」と突き放された感覚をおぼえたのは福島の人たちだけではないはずです。東日本大震災の大津波同様、過去の水害教訓がまったく生かされていないだけでなく、自然災害というにはあまりにもお粗末なインフラの実態が明らかになりました。電柱も水道管も道路も橋も堤防も、とっくに耐用年数を超えたものだらけ。自治体合併と職員削減が被害の拡大と長期化をもたらしています。一握りの者にだけ有り余るお金が集中し、必要なところに使われていません。「一機何百億もする戦闘機を買う金を復旧費用に回せ」が巷の声です。関西電力幹部への億を超えるワイロは氷山の一角です。こうやって安全など二の次で運用されてきたのが原発であり、起こるべくして起きたのが福島原発事故です。

9月の東電旧経営陣3人への無罪判決には誰もが怒り心頭です。あれだけの事故を起こしておきながら、政府も電力会社も一人として責任を取りません。「トリチウムは世界中の原発から流されているから安全だ」と言いだして、汚染水を海に放出する気です。帰還困難区域からの避難者までが仮設住宅を打ち切られ、福島県知事が、自主避難者は「わがまま」だとして避難住宅からの追い出し裁判を起こす始末。こんなあべこべがまかり通るのも、「復興」演出の東京オリンピックのためです。オリンピックに合わせ、JR常磐線の帰還困難区域で高線量の駅が「復興拠点」にされ、電車を通そうとしています。

原発事故は終わっていません。8年たっても収束のめどすら立ちません。今回の水害で山林の土砂や川底の放射性物質が流出し線量が上がっています。「公式」発表でも230人を超える小児甲状腺がんを「放射線の影響ではない」と居直る原子力推進勢力の大ウソを多くの人が見抜いています。「放射線は安全だ」と言う副読本を学校で使うことなど絶対にダメです。原発も核もいらないという3・11の原点に返り、福島の怒りが集まりつながりましょう。被災者同士が分断されてはなりません。3・11反原発福島行動’20にぜひお集まりください。集会成功のため多くの皆さんの賛同をお願いします。

■3.11 反原発福島行動 ́20 に賛同します
賛同金(個人/団体1口 1,000 円)

最新記事
問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード