お知らせ

9月19日「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」 池袋上映会

北部「棘」20200919池袋上映会チラシ・オモテ


関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
池袋上映会

●9月19日(土) 
としま区民センター 6F会議室
池袋駅東口徒歩7分(豊島区東池袋1-20-10)
t4nYdUqM

18:30 上映開始(18時開場)
19:35 杉浦弘子監督挨拶
      木下武男さん(元昭和女子大学教授)×吉本伸幸さん(鈴コン分会書記長)
      『関西生コン支部への弾圧と労働運動の再生』
20:30 交流会
木下武男×吉本伸幸×杉浦弘子

上映協力金1000円


※コロナ感染対策を施して開催します。マスクを着用の上、ご参加ください。
※予約優先とします。下記にご連絡下さい。

主催:「棘」上映東京北部実行委員会
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)


語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会



奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。

 


toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。 
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。 
その男は、19歳の時に島を出る。 
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。 
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。 
その男は、会社に抗議をした。 
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。 
そこから、男の人生は激変する・・・・・。 
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。 
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。 
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。 
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。 

7月23日「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」江古田上映会&トーク

北部「棘」7.23江古田上映会チラシ・オモテ

関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
江古田上映会

●7月23日(木・休) 
ギャラリー古藤
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328

14:00 上映①開始
15:20 杉浦弘子監督トーク
16:30 上映②開始(17:35終了)

上映協力金1000円

※コロナ感染対策のため、上映①②とも、座席25席定員・入れ替え制とします。
 (上映①と②の間の杉浦監督トークは30席程度)
※予約優先とします。下記にご連絡下さい。

主催:「棘」上映江古田実行委員会
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)


語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会



奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。




toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。 
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。 
その男は、19歳の時に島を出る。 
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。 
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。 
その男は、会社に抗議をした。 
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。 
そこから、男の人生は激変する・・・・・。 
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。 
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。 
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。 
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。 

アベ退陣!!! 6.14新宿デモへ

9be88ea3-s
改憲させない 辺野古新基地建設反対!
オリンピックは即刻中止!
安倍・小池は都立病院つぶしをやめろ
コロナ解雇やめろ、100%補償しろ
賭博・黒川の無罪放免を許すな!


アベ退陣!!!
6.14新宿デモ


6月14日(日)
●午後1時~、新宿東口「アルタ前」でリレーアピール(飛び入り歓迎)
●デモは午後2時「アルタ前」集合、2時15分出発


呼びかけ:改憲・戦争阻止!大行進
連絡先:千葉市中央区要町2-8 DC会館 動労千葉気付 tel.043-222-7027
東京都台東区元浅草2-4-10五宝堂ビル5F 全国労働組合交流センター気付
http://stop-kaiken.blog.jp/

08069170-s
世界のデモに連なって、怒りの新宿行動へ
警官が黒人男性を殺害したことに対して、全米で世界で怒りのデモが闘われてる。日本でもクルド人男性が警官に暴行されたことに対して、渋谷警察署への抗議デモが行われた。国家権力の理不尽な行為に対しては、もっともっと声をあげなければならない。

違法な賭けマージャンをした黒川弘務(元東京高検検事長)は、なぜ検挙されない? 人を刑事訴追する「公訴権」を独占する検察組織のナンバー2が違法賭博の常習犯だと発覚しても、法務大臣=安倍官邸によって無罪放免されるのか? ふざけるな!!

そもそも黒川を検事長に据え続けたのは、「余人をもって代え難い」と言って、違法な定年延長の閣議決定をした安倍首相だ。その動機は何か? 河井夫妻の選挙買収事件が自分に及ぶことを恐れ、検察人事に強い影響力を持つ仕組みに変えたいと考えたからではないか? ごまかして逃げるんじゃない!!

持続化給付金の話も本当に酷すぎる。コロナ禍で経営危機に陥った個人事業者や中小企業に100~200万円支給する「持続化給付金事業」を経済産業省が民間団体に委託していたが、その団体は電通やパソナなどが設立した「トンネル会社」で、「持続化給付金事業」が4月7日に閣議決定される前日にHPのドメインを取得、手続き業務769億円分の大部分を電通に749億円で再委託していた。電通と自民党の関係は明らかで、パソナ(人材派遣会社)の会長は竹中平蔵だ。給付事業さえ儲けの道具(それも巨額の利権)にする奴ら!! 全部グル!!

安倍は緊急事態解除の会見で、「新たな日常をつくり上げる」と言った。そうだ、不正と腐敗が横行し、まともに検査も補償もしない政府のもとでは生きられない。求められているのは、新自由主義のもとでの日常そのものを根本から変革することだ。

労働者民衆の未来は、ストライキで、デモで、資本と国家権力に立ち向かっている世界の民衆の闘いの中にこそある。韓国「ロウソク革命」のように、労働者民衆の力で安倍政権を倒そう。6.14新宿デモへ!!

労働相談ドットコム
全国33の地域合同労組・ユニオンでつくるネットワーク https://rodo931.com/
tel.03-6231-5031 10:30~20:30(無休) info@rodo931.com メールは24時間
「我慢して働く・辞める」のではなく労働組合に入って職場を変えよう!

【池袋・江古田とも中止・延期】関西生コン労組への弾圧を許さない ドキュメンタリー映画「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」上映会

北部「棘」上映会チラシ・オモテ完成
関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
上映&トーク

※池袋上映会・江古田上映会とも、「緊急事態宣言」を受けての休館措置やオーナーの判断で、残念ながら中止とさせていただきます。
コロナウイルス感染が一定程度収まるのを見て、必ず後日開催いたします。どうぞよろしくお願いします。


●池袋上映会 中止・延期
4月11日(土) としま区民センター 7階会議室
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328


●江古田上映会 中止・延期
4月18日(土) ギャラリー古藤
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328



語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会

上映協力金1000円
事前チケット   800円

(問い合わせは下記にご連絡下さい)
主催:「棘」上映東京北部実行委員会
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp

北部「棘」上映会チラシ・うら完成s


奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。



toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。
その男は、19歳の時に島を出る。
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。
その男は、会社に抗議をした。
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。
そこから、男の人生は激変する・・・・・。
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。

東京オリンピックを前に、教育・自衛隊を問う―3・6改憲・戦争反対集会in練馬

2020年改憲・戦争阻止大行進東京北部3・6集会完成_ページ_1

東京オリンピックを前に、教育・自衛隊を問う―
3・6改憲・戦争反対集会 in練馬

3月6日(金)
18時半~「自衛隊中東派兵反対横須賀闘争」など上映
19時 開会
練馬駅前「ココネリ」3階研修室1(西側)

戦争教育をゆるさない だから「日の丸・君が代」に反対
お話 田中聡史さん
(「君が代」不起立被処分者 石神井特別支援学校教員)

改憲阻止アピール 五條敦さん
(とめよう戦争への道!百万人署名運動東京北部連絡会)

関西生コン労組支援運動呼びかけ 吉本伸幸さん
(東京西部ユニオン・鈴木コンクリート工業分会書記長)

主催:ストップ改憲!ねりま連絡会/改憲・戦争阻止!大行進東京北部実行委員会

2020年改憲・戦争阻止大行進東京北部3・6集会完成_ページ_2




問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード