改憲・戦争反対デモ

自衛隊護衛艦「たかなみ」の中東派兵反対!横須賀行動に参加しました

IMG_20200202_101322
2月2日、海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」の中東海域への派兵が強行され、横須賀現地での阻止・抗議の行動が行われました。私たちも参加しました。

神奈川平和運動センターと三浦半島地区労センターの主催で9時過ぎから横須賀基地に隣接するヴェルニー公園で集会。230人が集まりました。すぐ隣では、安倍首相と河野防衛大臣が参加しての「たかなみ」艦上での出港式。自衛官と家族たち。どんな思いでいたでしょうか。


IMG_20200202_103243b
元航空自衛隊3等空曹池田頼将さんも参加していました。
2006年クウェートの米軍基地に派遣され、基地でのマラソン大会に参加して負傷した元航空自衛隊3等空曹池田頼将さんは、「十分な治療を受けられなかったため身体的、精神的苦痛を受けた」として国に損害賠償を求めましたが、昨年11月26日、名古屋地裁は請求を棄却。池田さんは「二度と僕のような被害者をださないため闘ってきたので納得できない」と名古屋高裁に控訴して闘っています。

ジャーナリスト志葉玲さんの報道⇩


IMG_20200202_093309
「派兵反対!」「憲法守れ!」のコールが響きました。

IMG_20200202_105944


f3105_01_01b
「自衛官も一緒に声を上げ、戦争をとめよう」!

f3105_01_01a
護衛艦「たかなみ」に迫る平和船団の船。

IMG_20200202_094803
出港はしてしまいましたが、闘いはこれからです。
安倍政権は、「調査・研究」と称しつつ、自衛隊をあえて危険な海域に突っ込ませることも狙って派兵を強行しているのです。部隊の交代は4カ月ごととされており、自衛官と家族と共に派兵をやめさせる闘いはさらに重要になってきます。

東京北部地域にも、朝霞駐屯地(練馬区)、練馬駐屯地(練馬区)、十条駐屯地(北区)が所在しています。地域から更に戦争反対・派兵反対の声をあげていきましょう!

★護衛艦「たかなみ」派兵反対横須賀行動の更に詳しい報道は、百万人署名運動ブログをご覧ください⇩

「手をとりあって、進んでいこう」 報告:「排外」・「国益」に屈しない12・14川崎集会&デモ

百万署名運動・東京北部連絡会通信より
f3096_01_02b
「排外」・「国益」に屈しない12・14川崎集会が行われました。
「国際連帯で改憲・戦争を阻止しよう」というこの集会、婦人民主クラブ全国協議会が2年前に呼びかけて、今年で3回めになります。今回は「改憲・戦争阻止!大行進神奈川」も共催で、100名を超える熱気あふれる集会になりました。
安倍を先頭に、徴用工問題をめぐっての差別攻撃が激しく煽られる中、朝鮮人強制連行真相調査団共同代表の原田章弘さんの講演は、交流のあった当事者とのエピソードを淡々と伝える内容でした。そこには事実の重みがあるだけではなく、為政者の側が事実を「なかったことにしようとする」ことに対して闘う、民衆の側の強い意思が感じられて、本当に感動しました。

朝鮮学校の現場からの報告も衝撃的でした。安倍政権は、保育園・幼稚園の無償化から、朝鮮初等学校を外したのです。対象は少数で、金額にしたらいくらでもないのに! 保護者は懸命に署名を集めたり国会に足を運んだりしているけれど、幼い子どもたちにそんなことを説明できるわけがない――「いつかこの子たちが大きくなった時に、あの時頑張ったから勝ち取れたんだよ、と言いたい。子どもたちには、自分の存在を肯定的にとらえてほしいから…」と。

川添望さんがアピールの中で、この12日に川崎市で成立したヘイト規制条例に触れ、「ヘイトをなくす運動が始まった、ととらえよう」と提起されました。私は「条例には問題ありなのでは?」と思っていましたが、確かに、罰則規定まである条例の制定を運動の力で「強制した」のだと、そう考えると、今の情勢の中で実に勝利的なことです。

在日が多く居住する「川崎」という地にこだわって集会とデモを開催してきて、毎回新たな出会いと感動を得ています。今回は特に、発言者も参加者もみな、「手をとりあって」つまり「団結して」進んでいこうと全体が一体となったと思います。排外主義は「分断」、これに抗する武器は「団結」です。ここに確信をもって、進んでいきましょう。
f3096_01_02a
デモにも在日朝鮮人の方が声援を送って応援してくれました。

オスプレイ訓練やめろ! 改憲阻止! 基地撤去! 横田基地へ80人が怒りのデモ

改憲・戦争阻止!大行進三多摩実行委員会ブログの報告記事より転載させていただきます。

3750a43d-s
 7月20日、東京・福生市内で「オスプレイ訓練やめろ!改憲阻止!基地撤去!横田デモ」を開催し、80人の参加者が怒りの声をあげました。

54b007b8-s
09947d23-s
梅雨の晴れ間で蒸し暑くなった午後2時。三多摩労組交流センターの青年の司会で集会が始まりました。

39162fb5-s
冒頭、主催を代表して日本機械工業労働組合の山口弘宣委員長が「住宅や職場の上空を飛ぶオスプレイは絶対に許せない。労働者の力で改憲・戦争を止めよう」とアピール。

f96b347d-s
続いて、地元から横田・基地騒音被害をなくす会副代表の福本道夫さんが、オスプレイの夜間ホバリング訓練やC130輸送機のパラシュート降下訓練がもたらす騒音被害や落下事故など横田基地の現状を報告し、「黙っていてはいけない。闘い続けよう」と訴えました。

d129d78a-s
千葉からかけつけた三里塚空港反対同盟の伊藤信晴さんは、「三里塚も軍事空港反対で横田の住民とともに闘う。9・24請求異議審に結集を」と発言。

e8dbd588-s
杉並区議の洞口朋子さんは、阿佐ヶ谷再開発問題の公聴会闘争を報告し、「阿佐ヶ谷再開発と横田基地のオスプレイの問題は一緒。労働者の力で社会を変えよう」とアピール。

2c9ee7d6-s
最後に、全学連の吉田悠さんが夜の銀座デモへの参加を訴えました。

5a0168b4-s
集会後、デモ参加者は元気よくデモに出発!

dd4dae70-s
「危険な訓練ただちにやめろ」

c7bacb46-s
「学校の上を飛ばすな」

c875a845-s
「静かな夜と空を返せ」

7ea3786a-s
さらに、参加者の怒りは横田基地を前にヒートアップ。

b8ec96d8-s
「戦争のためのオスプレイいらない」

bdac89ac-s
「横田基地を撤去しろ」

ddd7ea7d-s
「改憲進める安倍を倒そう」

f48b3e17-s
デモ隊のコールに沿道や建物の窓、対向車からは大注目です。沿道ビラは吸い取られるように受け取られ、ビラをもらった女性が「安倍は許せない」と言ってデモに飛び入りする場面もありました。

b6d37d8a-s
最後にみんなで「団結がんばろー!」

デモにはユニオンで解雇撤回を闘う労働者や星野絵画展の参加者、ビラや週刊誌の広告を見て参加した方など、地元や近隣の方が何人も参加してくれました。昔、結婚する前のお連れ合いと学生運動をやっていたという男性は「引退して時間もあるので色々と参加したい」と語ってくれました。
昨年に続く2度目の横田デモは、辺野古埋め立てと不屈に闘う沖縄と連帯する闘いになりました。同時に、安倍政権が改憲をもくろむ参議院選挙のただなかで、これと対決し、安倍への怒りを解き放っていく闘いとしてうち抜かれました。基地被害を許さず、労働組合を先頭に地元から改憲阻止・基地撤去の運動をつくるために闘います。
(改憲・戦争阻止!大行進 三多摩実行委員会 I)

オスプレイ訓練やめろ! 改憲阻止! 基地撤去! 7・20横田デモのお知らせ

改憲・戦争阻止!大行進 三多摩実行委員会が呼びかけるデモです。

190720横田デモ表

オスプレイ訓練やめろ! 改憲阻止! 基地撤去!

横田デモ

7月20日(土)
14時福生公園に集合
14時半、横田基地へデモ出発


アピール:福本道夫さん(横田・基地被害をなくす会副代表)
     洞口朋子さん(杉並区議会議員)


呼びかけ:改憲・戦争阻止!大行進 三多摩実行委員会
連絡先 :八王子市明神町4-14-5リーベンスハイム八王子2-203 TEL&FAX 042-644ー9914

190720横田デモ裏
ビラPDFはこちら

横田基地はいらない 静かな夜を返せ

横田基地騒音
【フェンス直近でホバリングをくり返すオスプレイ】

 横田基地に配備されたCV22オスプレイが、超低空、夜間の飛行訓練をくり返しています。
 近隣住民は「夜9時すぎまで家の2階ほどの低高度で何度も続く。工事現場のドリルのようで体にビリビリが残る」「これまでの米軍機では感じなかった、吐き気を催すような騒音と振動」と被害を訴えています(1/28東京新聞)。
 オスプレイが夜間に住宅地をサーチライトで照らしたり、後方のドアを開いて機関銃がむき出しのまま飛んでいる姿も目撃されています。戦争の際、暗やみに乗じて敵地に潜入し、偵察・破壊・暗殺・空爆誘導など特殊作戦を担うオスプレイは、市街地を敵地に、住民を標的に見立てて訓練しているのです。
 周辺住民は、何十年も昔から騒音被害に悩まされ、「静かな夜を返せ」と訴えて、米軍機と自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止めや損害賠償を求める裁判(横田基地公害訴訟)を闘っています。ところがこの間、騒音被害の違法状態と賠償の一部を認める一方、騒音被害の原因である飛行の差し止めは却下するというデタラメな判決が相次いでいます。これこそ、憲法を破壊し、戦争へと突き進む安倍政権の姿です。

辺野古とともに、横田から怒りのデモへ

辺野古の海
【埋め立てが続く辺野古の海】

 安倍政権は自衛隊にもオスプレイを導入し、木更津駐屯地に来年3月にも暫定配備しようとしています。トランプから大量の戦闘機を購入し、空母や長距離ミサイルを導入するなど自衛隊は“侵略軍隊”へと変貌しつつあります。その上、安倍政権は戦争を禁じた憲法9条の改悪を狙っています。絶対に許してはなりません。
 しかし、戦争放火者=トランプ・安倍の前に立ちはだかっているのが沖縄です。辺野古新基地建設阻止の闘いは、民意を無視した埋め立てにも負けず、不屈に闘われています。今こそ沖縄とともに横田から声をあげるときです。戦争の元凶=日米安保を粉砕し、基地撤去、改憲阻止へ闘いましょう。二度と戦争を許さない闘いの先頭に労働組合が立ちましょう。


チーム緑が丘
【保育園への部品落下に抗議するお母さんたち】

沖縄基地撤去を闘った星野文昭さんとともに
yjimage
星野さんは1971年、基地を固定化する沖縄返還協定反対のデモにリーダーの1人として参加。デモ隊との衝突で機動隊員1人が死亡した事件の「実行犯」にデッチあげられ、無期懲役刑に。獄中44年となった今年4月、肝臓がんの手術のため、昭島にある東日本成人矯正医療センターに移監されてきました。ところが、手術後に容体が悪化、5月30日夜、帰らぬ人となりました。
 無実を訴える星野さんを44年も拘禁し、獄死させた国家権力を絶対に許せません。おつれあいの暁子さんとともに再審無罪・国賠訴訟をかちとりましょう。



5月1日は労働者の闘いの日だ。天皇即位でメーデーをつぶすな! 銀座メーデー集会とデモ

D5zOKimUEAA8DbK

5月1日、銀座の中央会館ホールで、5・1メーデー集会が行われました。
この集会は、安倍政権が新天皇即位と改元の大キャンペーンでメーデー潰しを狙うことに対して、動労千葉・関西生コン・港合同の3つの労働組合を中心に「改憲・戦争阻止!大行進」が主催して行われたものです。
当日の厳戒態勢を打ち破って「5月1日は労働者の闘いの日だ。天皇即位でメーデーをつぶすな!」の声が響き、815人の集会とデモが元気よく行われました。

IMG_20190501_125751
開会挨拶の世田谷地区労顧問花輪不二男さん
「労働者が解放を目指して立ち上がったメーデーの意義は生かされているか!? 8時間労働は踏みにじられている。職場地域で闘おう!」と力強く訴え。

東京過労死家族の会、中原のり子さんは「2030年まで医師には1860時間まで残業オッケーという法案が通ってしまった」と弾劾しました。
今も医師の過労死や過労自死が相次いでいます。でもまだまだ名前を出して声をあげる人は少ない。患者さんのためにと聖職者意識に陥ってはいけないと呼びかけたいと思います。

D5dIe07WAAAkYWr
杉並区議に見事当選したほらぐちともこさん、満場の拍手で登壇しました。
「今日付けで正式に杉並区議になりました。最初の仕事が闘うメーデーでの発言、そして天皇制粉砕のデモで光栄です。労働者民衆が生み出した議員として闘っていきます!」

IMG_20190501_133802
あおり運転問題などテレビ出演でおなじみの高山俊吉弁護士が5.1銀座メーデー集会で講演。
お母さんは戦前の労働争議に参加。ご自分も1946年の復活メーデーに小学生だが参加したそうです。
「その後戦後革命という言葉を知ったが、時代は変わったという労働者の力を感じた」
さらに「日本共産党の志位委員長は、今日の天皇即位を『祝う』と談話を出した。『ニセ左翼』とは誰のことか!?」と語気荒く訴えました。胸のすく思いでした。
すごくいい講演だったので、末尾に講演要旨を載せておきます。

また、「改憲・戦争阻止!教え子を再び戦場に送らない広島教職員100人声明」を実現した仲間からは、声明賛同は非公表含めて150人を超えたとのことです!
「教え子のために何もできてない」という無力感をはねのけて現場の力を甦らせたすばらしい教職員の運動。これがあれば改憲など絶対止められると確信しました。

IMG_20190501_144550
3ヶ月雇用の非正規でも組合作って闘える!解雇されても撤回させた!
東京西部ユニオン鈴コン分会長の善さん、「皆さんの支援、団結の力で勝ってこれた。組合拡大するぞ」とアピール。東京北部ユニオンも一緒に鈴コンがある浮間舟渡地域(北区と板橋区の間)で一緒に闘ってます!

IMG_20190501_150212
セブンイレブン本部社員の立場ながら労働組合作って闘う河野さんが「コンビニ関連ユニオンを全国に作ろう」とアピール。河野さんは、大阪府内のセブンイレブンで本社とたたかって時短営業を実施しているオーナーさんと連帯しています。5月23日には株主総会闘争に立ち上がります!

動労水戸の石井真一委員長がJR東日本の運転士・車掌廃止の攻撃は絶対に粉砕できると語り、被曝と帰還を強制する常磐線全線開通に反対して今秋全国集会を開催すると提起しました。

IMG_20190501_131034
動労千葉の田中康宏委員長は、天皇即位と改元でメーデーを圧殺し改憲・戦争への道を掃き清める攻撃を弾劾し、「労働者の地位、雇用、権利、賃金など支配の仕方が大転換しようとしている。改憲・戦争と労働者が置かれた現実は二つにして一つ。この状況に対して団結して声を上げる時代が来た」と提起した。6・9国鉄闘争全国集会をステップに秋の臨時国会、11月東京―ソウル国際共同行動に向かって「これまでと違うレベルの新しい闘いをつくろう」と呼びかけました。
6月9日は、上野水上音楽堂で集会です!

この集会にはロサンゼルス統一教組(UTLA)のアーリーン・イノウエさん、ATUローカル241(合同都市交通労組第241支部、シカゴ市バス)の執行委員から連帯メッセージが届きました。

IMG_20190501_153227
 集会後、皇居に向かった日比谷公園中幸門までのデモで「天皇いらない、安倍いらない、非正規職なくせ、今日はメーデー労働者の日」と元気なコールが都心に響きました。

IMG_20190501_153255

IMG_20190501_153423

IMG_20190501_154102

高山俊吉弁護士の講演要旨

追い込まれたのは安倍だ
 安倍政権による改憲と戦争に向けた政策が、すさまじい勢いで進められようとしている。この間、改憲の動きが後退したかのようにとらえる議論がありますが、それは間違いです。安倍政権は、今ここで改憲への道筋をつけなければ、もはやどうにもならないところに追い込まれているのです。
 天皇が3年前に「辞めたい」と言った。そもそも天皇は「辞めたい」と言っちゃいけないんです。天皇の代替わりは天皇が死んだ時以外にはない。現行憲法上はそうなっている。病気になろうがやる気がなくなろうがそのままでいる以外にないんです。安倍も最初は天皇の発言を聞いて「まずい」と思った。しかし後に、なんとかこの天皇代替わりを利用して、自分のもくろみを成功させる材料として使えないかと考えた。その結果、今日のメディアの状況があるわけです。
 昨日、タクシーに乗った時、運転手さんが「なんでしょうか、この騒ぎは」と言っていました。客商売というのは、相手が自分の話を受け入れるかどうか考えて話すものですが、この運転手さんが相手も選ばずそんな話を始めたのは、腹の底からの怒りがあるからでしょう。新聞やテレビのキャンペーンに対しても、「これでいいのか」と思っている人たちは非常に多い。
 ところが、日本共産党は「新天皇の即位に祝意を表する」と表明しました。多くの共産党の支持者は絶望したでしょう。小林多喜二は天皇制警察によって虐殺されたんですよ。それなのにどうしてそんなことが言えるのか。こういう政党に世の中を変えるだの、苦しい人たちの立場に立つだの、労働者の味方だのと語る資格があるのか。そしてこういう政党に安倍もまた期待をかけているのです。
 世界の労働運動史をひもとくと、必ず「左翼面」をした部分が戦争政策に協力し、崩れていくという歴史がある。しかし、これまでのそうした歴史と現在との違いは何か。このメーデー集会のような結集体があるということです。もくろみを許さない力がここにあるということです。

国境越え労働者が闘う日
 1886年、アメリカのシカゴでメーデーが始まりました。「8時間は仕事のために、8時間は休息のために、残りの8時間は好きなことをするために」というスローガンを掲げてシカゴの労働者が立ち上がり、全世界の労働者がそれに呼応しました。「労働者に国境はない。現実にあるのは搾取する者と搾取される者との闘いである。搾取される者が闘いに立ち上がれば世の中は変えることができる」----そういう思想が、国際的な労働運動として登場しました。
 日本でも1920年にメーデーが始まりました。労働者が決起するというは、当時の政府・官憲にとっては大変な事態だった。ロシア革命のような闘いが日本でも現実化すると感じ、ただちに弾圧した。だからメーデーの歴史は、弾圧との闘いの歴史です。そして「8時間労働制の実現」という要求だけでなく、戦争に反対する声もその中から出てきた。日本は当時、ロシア革命に干渉するためシベリアに出兵しましたが、これに対して「ただちに戦争をやめろ」という声が労働者から巻き起こった。このこともメーデーの歴史を見るときの大きな柱です。
 1936年の2・26事件で戒厳令が出され、45年までメーデーの歴史は途絶えます。そして戦後、46年の「復活メーデー」では皇居前広場には50万人が集まり、全国で250万人が立ち上がりました。長野県北部の小さな田舎町でもメーデーのデモが行われ、私も参加しました。「戦後革命」という言葉は後に知りましたが、本当に世の中が変わるということを子どもながらに感じたものです。
 その歴史を受け継いで今日のメーデーもある。労働者の闘いの日、そして労働者に国境はないことを身をもって示す闘いの日です。

資本主義の命脈は尽きた
 「メーデー歌」は鉄工所の労働者のストライキの中でつくられ、1922年に発表されました。こうした先達の命を賭けた闘いを引き継いで今日の闘いもある。私たちの闘いは必ず勝利する。資本による搾取が存在する以上、必ず搾取される者が闘いに立ち上がるからです。資本主義が永遠に続くかのように見せるためには、権力の側も余裕をもたなければいけません。「過激派のみなさんも自由にやってください」とでも言っていなければならない。しかし、もうそうは言っていられない。それは資本主義が本当に命脈尽き果てるところにきているからです。
 このことに確信をもって、私たちは今日のメーデーを闘い、そして厳しい条件の中から立ち上がろうとしている多くの仲間と深い連帯をもって、闘って闘って世の中を変えていこうではありませんか。
最新記事
問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード