地域での取り組み

9月19日「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」 池袋上映会

北部「棘」20200919池袋上映会チラシ・オモテ


関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
池袋上映会

●9月19日(土) 
としま区民センター 6F会議室
池袋駅東口徒歩7分(豊島区東池袋1-20-10)
t4nYdUqM

18:30 上映開始(18時開場)
19:35 杉浦弘子監督挨拶
      木下武男さん(元昭和女子大学教授)×吉本伸幸さん(鈴コン分会書記長)
      『関西生コン支部への弾圧と労働運動の再生』
20:30 交流会
木下武男×吉本伸幸×杉浦弘子

上映協力金1000円


※コロナ感染対策を施して開催します。マスクを着用の上、ご参加ください。
※予約優先とします。下記にご連絡下さい。

主催:「棘」上映東京北部実行委員会
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)


語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会



奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。

 


toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。 
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。 
その男は、19歳の時に島を出る。 
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。 
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。 
その男は、会社に抗議をした。 
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。 
そこから、男の人生は激変する・・・・・。 
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。 
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。 
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。 
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。 

7月23日「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」江古田上映会&トーク

北部「棘」7.23江古田上映会チラシ・オモテ

関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
江古田上映会

●7月23日(木・休) 
ギャラリー古藤
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328

14:00 上映①開始
15:20 杉浦弘子監督トーク
16:30 上映②開始(17:35終了)

上映協力金1000円

※コロナ感染対策のため、上映①②とも、座席25席定員・入れ替え制とします。
 (上映①と②の間の杉浦監督トークは30席程度)
※予約優先とします。下記にご連絡下さい。

主催:「棘」上映江古田実行委員会
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)


語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会



奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。




toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。 
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。 
その男は、19歳の時に島を出る。 
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。 
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。 
その男は、会社に抗議をした。 
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。 
そこから、男の人生は激変する・・・・・。 
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。 
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。 
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。 
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。 

「コロナ雇止め許さない!」池袋でストライキ

東京北部ユニオンブログより
s-IMG_20200628_095912 (1)

6月26日、池袋で人材派遣大手の「ヒト・コミュニケーションズ」のグループ企業での時限ストライキが行われました。ちば合同労組による6月末雇い止め撤回の抗議の社前行動に、私たち東京北部ユニオンも合流して共にたたかいました。

IMG_20200628_095840bちば合同労組のAさんが働いてきた「SALES ROBOTICS」社の職場は、「ヒト・コミュニケーションズ」の本社ビルの中!
池袋駅東口からすぐです。

新型コロナ感染拡大による影響で解雇や雇い止め、派遣切りが激増しています。「SALES ROBOTICS」社は、インバウンド関連のコールセンター業務が減少したことを雇い止めの理由としていますが、有期雇用の契約社員を業務量に応じて増減させればよいとしか考えていないのです。
3月末にも20人の労働者を雇い止めし、さらにまた6月末で雇い止めを強行! 絶対に許せません。
「SALES ROBOTICS」社は、企業としての〝雇用責任〟についてはほとんど考慮することなく、有期雇用労働者を雇用の調整弁としてしか考えていないのです。

ちば合同労組が6月26日に行なった団体交渉では会社側弁護士が「3か月の有期雇用であり業務がなくなったから雇い止めになるのはアンラッキーだがあきらめてくれ」と主張したそうです。

私たち労働者は、ねじくぎなどの部品じゃない! 血の通った、家族も生活がある労働者をなんだと思っているんだ!
土砂降りの中でのスト支援行動でしたが、当該の組合員も元気に闘いぬきました。ちば合同労組と私たち東京北部ユニオン・東京西部ユニオンも連帯を込めて傘をさしてビラをまき声をあげました。

IMG_20200628_101358b
タクシー労働者で自らも不当解雇経験のある藤井副委員長は、マスコミでも話題になった「ロイヤルリムジン」での600人全員の解雇に対して複数の組合が立ち上がり、解雇を撤回させたことを報告し、当該組合員にエールを送りました。
「ロイヤルリムジン」での解雇は当初「休業補償よりも失業保険の方が労働者のため」「事業が上向きになったら再び雇う」との社長の言葉が肯定的にネットで拡散されましたが、真っ赤なウソでした。
再雇用を前提にしての失業保険給付などできませんし、雇用努力もしない一方的解雇は「整理解雇4要件」も完全に踏み外した暴挙でした。

いま、新聞が報じているだけでも数万人の労働者がコロナ感染の中での解雇・雇止め、失業の脅威にさらされていますが、その多くが「ロイヤルリムジン」や今回の「SALES ROBOTICS」と同じく、デタラメな不当解雇です。
ただただ企業の利潤のための一方的な解雇に「仕方ない」とガマンする必要などありません! 今回団交とストに立ち上がった当該の労働者のように声を上げていきましょう。

今回のストライキ行動は、池袋駅直近にある大手人材派遣会社人コミュニケーション本社ビル前で解雇・雇い止め反対を訴える社会的に大きな意義があります。ストをたたかった当該組合員などちば合同労組に敬意を表するとともに、なんとしても解雇撤回をかちとるために共に闘っていきたいと思います。


link-logo_rodo931
私たちは、全国33のユニオンが連携して労働相談活動を行っています。
解雇・雇止め、パワハラ・セクハラ、コロナ感染の職場安全……
いつでも連絡くださいね!

豊島区・板橋区・文京区・北区・練馬区などにお勤め・お住まいの方は、直接東京北部ユニオンに電話ください。またはブログのメールフォームから連絡ください。
電話03-6914-0487

大山駅前で「都立病院つぶすな」の街頭宣伝

IMG_20200604_130811
先日、板橋の仲間が大山駅前で「都立病院をつぶすな」街宣を行いました。

小池都知事は、安倍政権のコロナ対策無策ぶりに比べると連日テレビに出るなど「やってる感」はありますが、東京五輪開催に執着して、感染対策がまともにやってこなかったことは安倍政権と全く同じです。
しかも小池都知事は、3月31日に都立病院・公社病院の地方独立行政法人化方針を正式決定しています。独法化とは民営化です。公立病院を解体し、医療崩壊を促進させる独法化にされたら、コロナ感染の第2波には到底対応できません。

都立病院に働く看護師などでつくる労働組合は、「都内で初めての感染者が確認された2月12日から1ヶ月の間、小池都知事はオリ・パラ開催にこだわり続け、コロナには無策でした。PCR検査体制を充実させる、PPE(防護具)の備蓄を強化するなど都民の命を守るために活用できた貴重な1ヶ月を無駄にしたのです。」と訴えています。(都庁職病院支部ニュースより)

このまま小池都知事が都知事に再選されて都立病院つぶしに都民がGOサインを出したようにされることはガマンなりません。

IMG_20200604_131047
大山駅近くには豊島(公社)病院・東京都長寿医療センターがあり、この地域の基幹病院をめぐる問題を示したボードに、大注目。引きも切らず討論になりました。討論になった方の声を紹介します。

「コロナに感染し2月に豊島病院に入院していた」という女性。
都立病院に勤めているという50歳ぐらいの女性「(都立病院独法化は)もう決まっていたと思っていたが、こうやって訴えてくれてうれしい」
「えっ、都立病院をつぶすの!? そんなことできないでしょ」豊島病院帰りの女性。話すると「安倍も小池もだめよ」。
などなど。ほとんどが地域の方でした。


IMG_20200604_133502

コロナ感染の蔓延は、新自由主義の結果です。医療介護現場で働く労働者・労働組合とともに地域から「都立病院をつぶすな」「医療・介護・福祉現場にマスク・防護具を!」の声をあげていきましょう。

5・23狭山デー都内統一街頭行動、池袋でも

IMG_20200523_131101
5月23日、無実の石川一雄さんの再審開始を訴える街頭宣伝が、都内4カ所で行われ、東京北部労組交流センター、星野文昭さんを取り戻す東京北部の会などの仲間も狭山駅に通じる池袋駅西武口前でスタンディングとチラシ配布などを行いました。

IMG_20200523_143012
無実の石川一雄さんが不当逮捕された1963年5月23日から丸57年。埼玉県狭山市で起きた女子高校生誘拐殺人事件の犯人にでっち上げられた石川さんは、この権力犯罪を弾劾し再審無罪へ不屈に闘っています。
「狭山再審行え!」のボードとマイクアピールに道行く人の注目度抜群。ビラを見て引き返してきた若い男女など、再審署名が9筆。狭山市民の方もいました。事件当時教師だったという男性は「これで変わるといいね」と声をかけてくれました。

IMG_20200523_135558
狭山裁判は、半世紀以上前の「昔の話」ではありません。今現在の国家犯罪を暴くたたかいです。
石川一雄さんの家の鴨居から「発見」された万年筆が有罪の証拠とされたのは有名な話ですが、これが偽物である動かぬ証拠が出されています。下山鑑定です。
下山鑑定は、インクの成分の色素分析(第1鑑定)・元素分析(第2鑑定)で、被害者の物とされた万年筆が偽物であり、ねつ造されたものであることを科学的に暴きました。

それに対して検察側は反証できないところにまで追い込んでいます。今年3月の3者協議の場で、検察は下山第2鑑定への鑑定での反証を断念し、意見書のみで反論すると言い出しました。
科学的な真実を突きつけた下山鑑定に反証ができないのであれば、直ちに再審を開始し、石川一雄さんに無実判決を下すべきです。
それをしないのは、安倍首相の「お友だち」黒川検事長を検事総長に据えるためのみに定年延長をしようとしている安倍政権の暴挙と一体です。

今日の池袋街宣には、手製のボードをもって一緒に座り込んでくれた方がいました。星野闘争やふくしま共同診療所にもカンパをしてくれているそうで、すばらしい出会いでした。

また、近くでは部落解放同盟練馬支部の皆さんも訴えておられました。
毎月23日には欠かさず街頭でアピールされている長年の闘いに敬意を表し、写真を紹介させていただきます。
IMG_20200523_134955
IMG_20200523_135017
IMG_20200523_135031

石川一雄さんは無実だ! 直ちに狭山裁判の再審を開始しろ!
問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード