sub-buzz-5970-1578287496-9 
アメリカ、ニューヨークのタイムズスクエア(バズフィードニュースhttps://www.buzzfeed.com/jp/sumirekotomita/no-war-with-iran-anti-war-protest より)

2020年新年早々の1月3日、米トランプ米大統領の命令で、米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官をドローンを使った空爆により殺害。世界が一気に新たな戦争情勢に突入した翌日、アメリカ全土、そしてイギリス、カナダなどで反戦行動が行われました。

sub-buzz-4968-1578284444-3
イギリス、ロンドン(同バズフィードニュースより

日本でも、沖縄でも東京でも戦争と自衛隊派兵反対のデモが行われています。





IMG_20200113_121205
私たち、「とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会」は、1月13日、赤羽駅前で自衛隊派兵反対・改憲阻止の街頭宣伝を行いました。2020年新年第一波です。

「成人の日』のこの日、晴れ着姿の若い女性が目立つ赤羽駅前は暖かく、中東での戦争情勢の緊迫もあってか、2時間で署名26筆が集まりました。
アピールの第一声は、中東派兵に始まり、桜を見る会、IR収賄問題など、安倍政権の問題が満載すぎて1時間強も迫力のある訴えが続きました。
8917e9c5-s
署名する人の安倍に対する怒りは大きく「政治と税金の私物化、許せない」「日本人はおとなしいので居直り、普通ならとっくに首だ」「戦争で経済を立て直そうとしている」などの声。自分から署名に寄って来る人もいました。

IMG_20200113_121155
「政治と税金の私物化の安倍を許せない」とか「日本人はおとなしすぎるよ、賃金も低いし腐敗だらけなのになんで怒らないのか」と言う人。ある人は「戦争して軍需産業で経済を立て直そうとしているんだよ、死ぬのは一般庶民」と。また、「そもそも中東派兵を国会でなく閣議決定で決めることが問題ですよ」など、署名する人の怒りは大爆発している。
そして、昨日1月12日の新宿での中東派兵反対の抗議デモに参加した人が署名して、これからも情報を教えてくださいとメルアド交換した仲間もいたそうです!

6a74fd02-s
このビラが大好評でした。

半面、「兄を戦争で亡くしたけれど、日本は独立国になったのだから自衛隊を持つのは当然じゃあないか」と食ってかかる年配の男性がいて「『自衛戦争』として許してきたからお兄さんも戦死されたのではないか、過去の過ちを繰り返さないよう反対しているのです」などとしばらく論議する光景もありました。情勢は明らかに分岐しつつあります。

昨今の公文書偽造・廃棄、公職選挙法違反、議員贈賄・逮捕など、嘘と隠蔽の安倍政権は急坂を転がり落ちています。学生・市民・労働者一人ひとりがしっかりと監視し声を挙げて団結行動すれば安倍打倒も間近だし、改憲も阻止できるという手ごたえを感じた街宣でした。

安倍政権は、戦闘が激化するイラン周辺に予定通り派遣すると発表。P3C哨戒機2機に続いて、護衛艦「たかなみ」が2月2日に横須賀から出撃しようとしています。

自衛隊派兵の名目は、「調査・研究」です。こんなイレギュラーな名目での自衛隊の海外派兵のため、戦後初めて派兵前の国会審議が行われませんでした。
昨年10〜11月にペルシャ湾での米主催の合同軍事演習に既に自衛隊が参加しています。

閣議決定では、自衛隊の活動範囲をホルムズ海峡より東側としていますが、すでに活動を開始しているアメリカ主導の有志連合による「センチネル(監視員)」作戦との情報共有のために、ペルシャ湾内のバーレーンの有志連合本部へ自衛隊幹部を派遣するとしているのです。
実際には共同で作戦を行うということであり、ペルシャ湾での共同訓練に参加していたことを踏まえれば、米帝のイラン侵略戦争への参戦さえ視野に入れていることは明らかです。
安倍政権はこの派兵をも利用して、改憲への世論をあおり立て、中東に軍事介入し、石油などの中東利権を確保しようと必死になっているのです。

1月20日の国会開会日から、そして2月2日の横須賀からの自衛隊派兵を阻止するために、行動に立ち上がっていきましょう。

「NO WAR!」