星野文昭絵画展2019チラシオモテ
沖縄闘争を闘い、無実で獄中44年
星野文昭さん追悼絵画展 

とき
9月6日(金)~8日(日)

6日(金)12:00~19:00
7日(土)10:00~19:00
8日(日)10:00~18:00

ところ 
ギャラリー古藤

武蔵大学前(練馬区栄町9-10)

入場無料

〇DVD「星野文昭獄中44年の闘い」「韓国・テグ訪問記録」随時上映

追悼企画
○6日(金)有志によるミニシャンソンライブ
14時〜15時

○8日(日)丸尾めぐみさん(シンガーソングライター)ライブ
「ソリダリティ」「あの坂を登って」など
17時〜18時

主催 東京北部・星野文昭絵画展実行委員会
連絡先 無実の星野文昭さんを取り戻そう!北部の会
豊島区西池袋5-13-10-603 
℡080-1003-0058(藤ノ木)

星野文昭絵画展2019チラシ裏
「人間が人間らしく生きられる社会を」
――星野文昭さんが描いた世界

沖縄ゼネストと連帯した渋谷闘争
星野文昭さんは、1971年11月10日に沖縄で起こった米軍基地を固定化させる沖縄返還協定のペテンに対する基地労働者を先頭にしたゼネストに連帯し、4日後の11月14日の渋谷闘争の先頭で立ち上がりました。その中で機動隊員1名が死亡。高崎経済大学学生としてデモ隊のリーダーだった星野さんは、「殺人罪」でデッチあげ逮捕され、44 年にわたって不当な獄中生活を強いられてきました。
 星野さんの闘いは、基地のない島を求める現在の沖縄の人々の闘いとつながっています。

生涯をかけて戦争反対の先頭に
 「人間が人間らしく生きられる社会を」。星野さんは獄中から無実を訴えるとともに沖縄や福島、パレスチナなどを題材にした絵画作品を発表し、熱いメッセージを送り続けてきました。
 星野さんは昨年8月、収監されてきた徳島刑務所で腹痛を訴えて倒れ、家族や弁護団が原因究明と獄外での治療を求めました。しかし徳島刑務所は医療無視を続け、肝臓の6割をがん細胞が占めるまで放置、エコー検査の結果も隠し続けました。星野さんは移送先の東日本矯正医療センター(昭島市)で緊急手術を受けましたが、翌朝容体が悪化、2日後の5月30日夜に逝去されました。
 生きて星野さんを取り戻す願いはかないませんでした。しかし、お連れ合いの暁子さんとご兄弟が遺志を継ぎ再審請求を続け、国家賠償請求訴訟に踏み切ります。
 星野さんの生涯は、今の社会のあり方を問い続けています。彼が遺した絵画を見て、星野さんの人間性と社会変革にかけた思いを知っていただきたいと思います。

星野文昭さんの無実は明らか。再審勝利を
 7月26日の星野文昭さん追悼集会で、武蔵大学教授の永田浩三さんが追悼の言葉を述べられました(抜粋)。
 私が勤務する武蔵大学前のギャラリーで何度か絵画展をお手伝いさせていただきました。
 武蔵大学名誉教授の星野誉夫さん(文昭さん従兄)とは大学が同じですから、そこで初めてお話を聞き、そのご縁で再審の証拠として使っていただく映像作りに関わりました。
 私の前の職場はNHKです。現場とされているNHKの西門、梅澤米店のあたりは私の勝手知ったる場所です。11 月の3時過ぎあたりに、NHKの坂を車が降りる時、何度も車のフロントガラスに明かりが当たって、まぶしかったことを体験として記憶しています。
 星野さんは核抜き本土並みがいかに欺瞞に満ちたウソで固めたものであったかという事を先駆的に訴えたと思います。


星野文昭さん プロフィール
1946.4.27  札幌市で生まれる
1966.4月  高崎経済大学に入学
       不正入試阻止闘争に参加
1971.11.14  沖縄返還協定批准阻止闘争に参加(機動隊員1名死亡)
1975.8.6   デッチあげ「殺人罪」不当逮捕
1986.9.17  暁子さんと獄中結婚
1987.7.17  最高裁で無期懲役確定
2009.11.27  第2次再審請求書提出
2013.9.8   『獄壁を超えた愛と革命-星野文昭・暁子の闘い』発刊
2017.7 月  服役30 年に
      「仮釈放」を四国更生保護委員会に計15 回申入れ
2019.3.25  更生保護委員会、不許可決定
2019.4.18    昭島市の東日本成人矯正医療センターに突如移監
      検査で肝臓の腫瘍が明らかに
2019.5.28  肝臓ガン切除手術
      翌朝容体が悪化。2日間に及ぶ生きるための闘いを続ける
2019.5.30  午後9時44分逝去。享年73歳