改憲・戦争阻止!大行進三多摩実行委員会ブログの報告記事より転載させていただきます。

3750a43d-s
 7月20日、東京・福生市内で「オスプレイ訓練やめろ!改憲阻止!基地撤去!横田デモ」を開催し、80人の参加者が怒りの声をあげました。

54b007b8-s
09947d23-s
梅雨の晴れ間で蒸し暑くなった午後2時。三多摩労組交流センターの青年の司会で集会が始まりました。

39162fb5-s
冒頭、主催を代表して日本機械工業労働組合の山口弘宣委員長が「住宅や職場の上空を飛ぶオスプレイは絶対に許せない。労働者の力で改憲・戦争を止めよう」とアピール。

f96b347d-s
続いて、地元から横田・基地騒音被害をなくす会副代表の福本道夫さんが、オスプレイの夜間ホバリング訓練やC130輸送機のパラシュート降下訓練がもたらす騒音被害や落下事故など横田基地の現状を報告し、「黙っていてはいけない。闘い続けよう」と訴えました。

d129d78a-s
千葉からかけつけた三里塚空港反対同盟の伊藤信晴さんは、「三里塚も軍事空港反対で横田の住民とともに闘う。9・24請求異議審に結集を」と発言。

e8dbd588-s
杉並区議の洞口朋子さんは、阿佐ヶ谷再開発問題の公聴会闘争を報告し、「阿佐ヶ谷再開発と横田基地のオスプレイの問題は一緒。労働者の力で社会を変えよう」とアピール。

2c9ee7d6-s
最後に、全学連の吉田悠さんが夜の銀座デモへの参加を訴えました。

5a0168b4-s
集会後、デモ参加者は元気よくデモに出発!

dd4dae70-s
「危険な訓練ただちにやめろ」

c7bacb46-s
「学校の上を飛ばすな」

c875a845-s
「静かな夜と空を返せ」

7ea3786a-s
さらに、参加者の怒りは横田基地を前にヒートアップ。

b8ec96d8-s
「戦争のためのオスプレイいらない」

bdac89ac-s
「横田基地を撤去しろ」

ddd7ea7d-s
「改憲進める安倍を倒そう」

f48b3e17-s
デモ隊のコールに沿道や建物の窓、対向車からは大注目です。沿道ビラは吸い取られるように受け取られ、ビラをもらった女性が「安倍は許せない」と言ってデモに飛び入りする場面もありました。

b6d37d8a-s
最後にみんなで「団結がんばろー!」

デモにはユニオンで解雇撤回を闘う労働者や星野絵画展の参加者、ビラや週刊誌の広告を見て参加した方など、地元や近隣の方が何人も参加してくれました。昔、結婚する前のお連れ合いと学生運動をやっていたという男性は「引退して時間もあるので色々と参加したい」と語ってくれました。
昨年に続く2度目の横田デモは、辺野古埋め立てと不屈に闘う沖縄と連帯する闘いになりました。同時に、安倍政権が改憲をもくろむ参議院選挙のただなかで、これと対決し、安倍への怒りを解き放っていく闘いとしてうち抜かれました。基地被害を許さず、労働組合を先頭に地元から改憲阻止・基地撤去の運動をつくるために闘います。
(改憲・戦争阻止!大行進 三多摩実行委員会 I)