nazentokyo0721omote

被爆74周年東京反核集会
「福島の医師と考える原発と核」
お話 東電と政府に休業を強いられた
福島県南相馬・小高赤坂病院院長 
渡辺瑞也医師

日時 7月21日(日) 午後1時半開場 2時開始 4時半終了予定
会場 セシオン杉並 視聴覚室(高円寺地域区民センター)資料代500円
主催 NAZEN東京  080-2103-3146 nazentokyo@Yahoo.co.jp

渡辺瑞也医師は、小高赤坂病院が避難指示の対象になってから104名の入院患者さんを無事避難させることに、自ら被曝しながら職員とともに全身全霊を傾注し、その後ご自身は結腸がんが見つかっておられます。
「IAEAや国・福島県の今の対応がいつまでも通るとは思わない。県民一人ひとりの中にマグマのように沈殿している思いが、いつか主張となって出てくる」と話されています。

5113G2GhfML._SX341_BO1,204,203,200_
「筆者の病院が避難指示の対象になったのは12日(土)の午後6時26分であった。それを知ったのはテレビの報道であり、行政からは一切連絡や指導はなかった。この時点から一週間後の3月18日(金)の昼までの避難行動はまさに無我夢中であり、104名の入院患者さんを無事避難させることだけを考えて全身全霊を傾注していたので、自らの被曝についてはあまり注意を払うことはなかった。これは行動を共にしてくれた職員達も同じ気持ちであったと思う。」
渡辺瑞也著「核惨事!」より

被曝から命を守れ!「フクシマ」を繰り返すな!
福島の被曝と健康被害の抹殺を許すな
6月3日に福島の甲状腺評価部会は、甲状腺がんと放射線被曝との「関連性はない」とした報告書をとりまとめた。まったくの大ウソだ。今回報告書の根拠とした福島県立医大のデータは、入力時「甲状腺疑いあり」、「なし」とのみ入力する欄に別の数字が入力されている、誤りが明白な代物だ。
さらに来年4月から実施される「甲状腺検査」では、これまで以上に「検査のデメリット」を強調する修正案が出されている。
『放射線のホント』(復興庁)『放射線副読本』(文科省)の最大の問題も、被曝と健康被害を抹殺しようとする点にある。「事故後に内部被曝の検査を受けた全員が、健康に影響が及ぶ数値ではなかった」と断定しているが、信用度の低い希望者だけの検査結果でしかない。

「フクシマ」をなかったようにする大転換
原発再稼働をめぐって重大な情勢を迎えている。日本経団連は4月の提言で、再稼働だけでなく建て替えと新増設、運転の60年超えの延長までも要求した。原子力規制委員会は、原発設備の「国が行う検査」を廃止して「原子力事業者が自ら検査する仕組み」に、「不具合」への対処もやめて「総合的に評価する」だけに検査体制を改悪しようとしている。すべてを原子力事業者に丸投げし、事故が起きれば隠ぺいするつもりだ。外国人労働者を原発作業に公然と引き入れ、一層の被曝労働と下請け搾取にさらそうと狙っている。
原電は5月16日の日立市の説明会で、「福島第一原発事故以降、放射線による健康被害は確認されていない。『甲状腺』については原発事故によるものとの評価ではない、今のところ被害はない」と強弁した。福島第一原発事故で健康被害がないなら避難など考えなくてよいというわけだ。

再稼働も改憲・戦争も止めよう!
再稼働と核戦争は一体だ。再稼働も核戦争もフクシマを繰り返すことになる。
「核惨事!」のもとで生き抜こうとしているフクシマこそ、再稼働を許さず、改憲・核戦争を食い止めることができる。
日本・世界の人々が「フクシマをくり返すな」を合言葉に、再稼働と改憲・核戦争に立ちはだからなければならない。改憲・戦争を許さないうねりを作り出そう。

被爆74周年8・6ヒロシマ―ナガサキ大行動へ!
常磐線全線開通・東海第二原発再稼働を許すな!9・22水戸集会を成功させよう。