2019年5月1820日の3日間、「復帰47年 沖縄連帯闘争」に参加しました。沖縄の歴史を学び、当該の人の話を聴き、考え、行動した非常に意義深い3日間でした。

 

【1日目】

 ①IJBS労組定期大会

 日本IBMビジネスサービス労働組合(IJBS)支援共闘会議の第6回定期大会が開催されました。

 選別採用試験拒否のストライキを起こし、IJBSを雇い止めされた富田委員長の闘いは、「不合格者がいない」事実をつくり、仲間との団結を勝ち取りました。今は新しい職場で活動を始め、既に多くの仲間との団結を広げているとのことです。IJBSでの解雇撤回のために今後も闘っていく決意が述べられました。

 f3038_04_04a
 ▲決意を述べるIJBS労組の富田委員長(写真左)
  

 ②改憲・戦争阻止!全島ゼネスト呼びかけ国際通りデモ

   「基地の島」沖縄から改憲・戦争を阻止するべく、全島ゼネスト実施を呼びかける国際通りデモを貫徹しました。

この日は天気も良く、週末の昼下がりをデコヘル・横断幕・のぼり旗の一団が練り歩きました。買い物客や修学旅行で訪れた高校生から大注目を浴び、手を振って応える人も大勢いました。蚊の鳴くほどの勢いの右翼を尻目に、意気軒昂とデモを貫徹しました。

 

  IMG_20190518_160056

  ▲県庁前からデモスタート!

 

 IMG_20190518_160615

 ▲「辺野古基地反対」のプラカードを掲げる学生一団

IMG_20190518_161615
▲横断幕のメッセージは

 「沖縄全島ゼネストで辺野古新基地建設を止めよう!」

 「労働組合と学生自治会を先頭に改憲・戦争を阻止しよう!」

IMG_20190518_160258
▼沿道から、沖縄の方たちが手を振って応援してくださいました。


 ③「復帰」47年 5・18沖縄集会

   沖縄のカタチだけの「本土復帰」から47年、「基地の中に島がある」現状を捉え、県民の怒りと連帯する集会として、全国の労働者から改憲・戦争阻止のアピールがありました。

   講演では、「なんでお空から落ちてくるの?子どもの空を守りたい!」と題して、普天間飛行場の近くに位置し、201712月7日に米軍機の円筒状の部品が落ちているのが見つかった緑ヶ丘保育園の、保護者らで組織する「チーム緑ヶ丘1207」の皆さんが登壇しました。
IMG_20190518_185916
VTRで、関係省庁との直接面談の場面があり、回答にしどろもどろになりつつ、政府の意向を頑なに推し進める担当者やり方に憤りを覚えました。対話を要求する住民に対し、それを拒む政府。これを打破するには、やはり実力闘争しかないと思います。

「もし自分の立場だったら、どうしますか?」という保護者の人の言葉が印象的でした。当該と連帯することがどれだけ重要であるか良く分かりました。私たちが沖縄の人たちと連帯するには、社会問題は私たち一人ひとりの問題だと自覚し、労働組合に参加し、実力闘争を積み重ねていくことが重要だと思いました。

IMG_20190518_194734
▼集会会場に展示された「チーム緑が丘」の皆さん作成の展示

 

 【2日目】

 ①県民大会参加者へのアピール

   宜野湾海浜公園で開催された沖縄県民大会(主催・5・15平和行進実行委員会沖縄平和運動センター)の会場前で、ビラまき・情宣活動を行いました。正午開会の参加者ほとんどに宣伝することができ、反応も上々でした。炎天下の中、疲労感も出しつつやりきりました。
f3038_04_05a
 

 ②オキナワとヒロシマを結ぶ全国青年労働者交流集会 in OKINAWA

   全国の青年労働者が一同に会し、職場や組合活動のこと、政治に対する意見などを討論しました。
f3038_04_02a
   冒頭、関西生コンで働く青年から、組合に対する不当逮捕の現状が報告されました。「情勢が煮詰まっている。激しい組合だからこそ逮捕されるという先入観を植え付けるためにやっているとしか思えない。」「先輩に続き闘う。一緒に闘ってほしい。」とアピールがありました。この発言に、青年労働者は皆、連帯の意思を固めました。

 

 【3日目】

 ◎辺野古新基地建設反対 ゲート前座り込み闘争

   3日間のハイライトである、キャンプシュワブの工事車両入口前での座り込み闘争に参加しました。情勢が完全に煮詰まっていることから、参加政府は何が何でも工事を推し進めるために強硬的なっています。したがって、少しでも抵抗しようものならいつ逮捕されてもおかしくない状態です。非常に腹立たしいですが、毎日の力関係の押し返しが工事を遅らせていて、破綻的状況を生み出しています。1分でも1秒でも工事を遅らせることが重要であり、弾圧を回避し闘争を継続することが大事という方針で臨みました。
IMG_20190520_085712
▼座り込みテントに張り出されていた。

   国道をはさんでキャンプシュワブ入口と現地主催者や支援者の建物が対峙しています。説明を聴いているうちに、激しかった雨も小雨になり、いよいよ座り込み開始です。
IMG_20190520_094415
▼辺野古の土砂搬入ゲート前には、数多くのボードが置かれていた。


IMG_20190520_092103

▲工事用車両入口前で座り込み


   私たちは出入り口前にどっかり腰を下ろし、工事車両が来るのを待っていました。その間も、仲間からの連帯アピールが続きます。「戦争絶対反対で基地を止める!」「弾圧には屈しない!」と、みんなの意思を打ち固めました。
 工事車両が来ました。私たちは、しばらくの間、並んだダンプカーとにらみ合っていました。にわかにダンプカーが動き出し、来た道を背に走り去って行きます。「帰っていった!」その光景に、一同勝利を確信し歓声をあげました。



ダンプカーの一団はことごとく走り去って、警備員は出入り口を封鎖するための土のう袋を積み出しました。

 「勝った!」私たちが実力で土砂投入を阻止しました。その勝利は一瞬ですが、国家権力に対する実力闘争の結果です。団結の力を実感しました。

IMG_20190520_103314
▼座り込みのゲートに貼られていた
横断幕。
「したたかに ゆるやかに 粘~りづよく闘おう!!」

おわりに

 「自分の立場で考えたら、どう思うか」とはよく言われますが、当該の人の話を聴き、連帯の意思を固めるとともに、実力でその意思を示せたことが大きな実感としてあります。社会の問題は私たち一人ひとりの問題であり、当該の人たちとともに闘う結集軸が労働組合であると思います。労働組合は、私たちの最も身近に存在する社会参画の場だからです。この3日間の闘争の経験を、職場で活かすにはどうするか、考えていきたいです。