「手をとりあって、進んでいこう」 報告:「排外」・「国益」に屈しない12・14川崎集会&デモ

百万署名運動・東京北部連絡会通信より
f3096_01_02b
「排外」・「国益」に屈しない12・14川崎集会が行われました。
「国際連帯で改憲・戦争を阻止しよう」というこの集会、婦人民主クラブ全国協議会が2年前に呼びかけて、今年で3回めになります。今回は「改憲・戦争阻止!大行進神奈川」も共催で、100名を超える熱気あふれる集会になりました。
安倍を先頭に、徴用工問題をめぐっての差別攻撃が激しく煽られる中、朝鮮人強制連行真相調査団共同代表の原田章弘さんの講演は、交流のあった当事者とのエピソードを淡々と伝える内容でした。そこには事実の重みがあるだけではなく、為政者の側が事実を「なかったことにしようとする」ことに対して闘う、民衆の側の強い意思が感じられて、本当に感動しました。

朝鮮学校の現場からの報告も衝撃的でした。安倍政権は、保育園・幼稚園の無償化から、朝鮮初等学校を外したのです。対象は少数で、金額にしたらいくらでもないのに! 保護者は懸命に署名を集めたり国会に足を運んだりしているけれど、幼い子どもたちにそんなことを説明できるわけがない――「いつかこの子たちが大きくなった時に、あの時頑張ったから勝ち取れたんだよ、と言いたい。子どもたちには、自分の存在を肯定的にとらえてほしいから…」と。

川添望さんがアピールの中で、この12日に川崎市で成立したヘイト規制条例に触れ、「ヘイトをなくす運動が始まった、ととらえよう」と提起されました。私は「条例には問題ありなのでは?」と思っていましたが、確かに、罰則規定まである条例の制定を運動の力で「強制した」のだと、そう考えると、今の情勢の中で実に勝利的なことです。

在日が多く居住する「川崎」という地にこだわって集会とデモを開催してきて、毎回新たな出会いと感動を得ています。今回は特に、発言者も参加者もみな、「手をとりあって」つまり「団結して」進んでいこうと全体が一体となったと思います。排外主義は「分断」、これに抗する武器は「団結」です。ここに確信をもって、進んでいきましょう。
f3096_01_02a
デモにも在日朝鮮人の方が声援を送って応援してくれました。

入管収容所での暴行を告発するデニズさん 外国人労働者と連帯を

東京北部ユニオンブログより
デニズさん
11月3日に日比谷野外音楽堂で行われた全国労働者集会で、トルコ国籍のクルド人、デニズさんが壇上で訴えた。
「茨城の牛久入管収容所で3年半、ハンストをやって1回目の仮放免で出て、2週間の仮放免が終わったら(再収容されて)、もう一回3カ月がんばって、ごはんを食べないことでもう一回、仮放免。11月7日でもう一回捕まることがあるかもしれない」
f3087_02_03a
牛久入管は、正式名称は東日本入国管理センター。デニズさんは実際に、11月7日に再収容されてしまいまった。

そのデニズさんが、収容所内ですさまじい暴行を受けている衝撃の映像が、TBS「NEWS23」で7分間にわたって報道され、大きな反響を呼んでいる。
はい制圧
抵抗しないか
「職員に囲まれ取り押さえられる外国人男性。男性は、職員から暴行を受けたなどとして国に訴えを起こしています。閉ざされた密室で何が起こったのでしょうか」(12月23日 news23放送でのナレーション)

ぜひ実際の映像を見てほしいです☟


この映像は、入管側が撮影したもの。デニズさんが損害賠償の裁判を訴えて証拠提出を求めたため、初めて明るみになった。
入管側は、「不当な行為」であったが「違法」とは認めず開き直っている。

その背景にあるのは、2020年東京オリンピック・パラリンピックを前にした滞日外国人労働者政策であることを、映像はさらに突き出した。

長期収容者の数
オリンピック・パラリンピックを前に、入管収容所への外国人労働者の収容者は激増。

しかも、法務省はこんな内部通達を出している!
 ↓
オリパラまでに
「東京オリンピックパラリンピックの年までに」

安全を図るため
「安全安心な社会の実現を図るため、送還を忌避する外国人など」

外国人労働者を縮減
「我が国社会に不安を与える外国人を大幅に縮減することは喫緊の課題」

つまり、収容所内で徹底的に抑圧し暴行を加え、自ら「帰国を希望する」表明をさせるまで追い込むということだ。
しかし、デニズさんらは母国を逃れ、難民申請をして日本に来ている。帰るところなどない。
「私も国(トルコ)に帰ったら殺されるかもしれない。シリアでミサイルで死んでしまった子どもたちもいっぱいいる。エルドアン大統領は『クルド人はテロリスト』と言うが、絶対、私たちはテロリストじゃない」(11月3日、日比谷集会でのデニズさんの発言)。


2週間で再収監
デニズさんら多くの収容者は、心身に多大なストレスを強いられながら、仮放免を求めるためのハンストを繰り返し行って闘っている。
牛久入管収容所問題を考える会の田中喜美子さんは、「収容の目的は『日本から追い出す』ことにあるわけですから、収容所は健康を害している外国人に対して、根本的に病気を治すことなど考えていません。無期懲役の星野(文昭)さんに対して、刑務所は『生かすための医療』をしなかったと思いますが、それと同様です」(11月18日付「星野新聞」)と語っている。

東京北部ユニオンにも、労働相談で加入した外国人労働者の方が何人もいるが、ある日突然牛久入管収容所に送られてしまっている。
s-rajinenngajou3

この方は、牛久入管に閉じ込められながら難民申請を行い、ユニオンとしても全力で支援したが、最後にはあまりの入管の実態に、帰国を選択せざるをえなかった。忘れることはできない悔しさだ。

国際連帯の基本は、日本で一緒に働き生活している在日・滞日の外国人労働者と共に生き抜くこと。
労働者に国境はない。労働組合は、人種・国籍・宗教など関係なしに、資本と闘う労働者階級として団結する。(ほとんどの労働組合に規約には、「何人も、人種、国籍、宗教、性別、門地、または身分によって組合員としての資格を奪われない 」とある。)

私やあなたの隣に、外国人労働者は働き、生活している。労働と生活を共にしている仲間と職場・地域でつながり、連帯していきたい。

いつでもユニオンに労働相談・生活相談してください。
私たちは、外国人労働者の労働相談の実績をもっている全国のユニオンとつながり、また牛久入管収容所問題を考える会とも連携しています。

「東京オリンピック」を声高に唱えつつ外国人労働者抑圧を強権的に進める安倍政権。
2020年、労働者の国際連帯の年にしよう!




「安倍政権こそシュレッダーに!」大塚駅前で街頭宣伝

IMG_20191222_123209b

国会が閉幕して以降初めて、そして2019年最後の百万署名東京北部連絡会の街頭宣伝を大塚駅前で行いました。

今回のビラは、いつもの「自民党改憲案を斬る」リーフとともに、「安倍政権こそシュレッダーに」というタイトルのチラシをまきました。

「桜を見る会」疑獄(疑惑ではなく!)は、税金私物化・権力乱用・公選法違反の国家犯罪です。
国会が閉幕しようと来年東京オリ・パラの2020年になろうと終結することなどありません。
また、ジャーナリストの伊藤詩織さんが、TBSの元ワシントン支局長山口敬之氏から性的暴行を受けたと訴えた事件では、山口氏に逮捕状が出ていながら、菅義偉官房長官の子飼いである当時の中村格・警視庁刑事部長(現・警察庁官房長)の指示で取りやめになっています。

いかに安倍政権の国家の私物化の闇が深いか! こんな安倍政権が憲法9条に手を付けることなど絶対に認められないということです。

48c7342f-s
↑画像をクリックするとPDFが開きます。




IMG_20191222_124006
師走の寒い日でしたが、立ち止まって署名をしながら「なんであんな政権が長期化してるのか。それ自体が許せない」などと口にする方が多くいました。

2020年こそ、安倍を倒しましょう!
(K)

以下、「安倍政権こそシュレッダーに」チラシの文章です。


安倍の「桜を見る会」は、国家的犯罪行為だ!
税金私物化! 権力乱用! 公選法違反! 証拠隠滅、居直り、ウソにウソを重ねる!
「速やかに廃棄」されるべきは安倍政権だ!

安倍政権こそ シュレッダーに!

安倍首相は「新しい国創り」「その理想を議論すべき場は憲法審 査会」「(改憲に向けて国会議員は)国民への責任を果たそう」 などと言ってきた( 10 月4日の所信表明演説)。こんなやつらが 憲法9条に手をつけることは、絶対に認められない!

60番は安倍夫妻

ジャパンライフの山口会長を招待したの は、安倍夫妻だったことが明らかになって きている。ジャパンライフは磁気ネックレス などの悪徳マルチ商法で社会問題になった 会社だが、2015年の「桜を見る会」に招 待され、その招待状と安倍首相の顔写真を 載せた宣伝チラシで勧誘を拡大し、最後の 荒稼ぎをした。7000人もの被害者が今も 苦しんでいおり、被害額は1800億円以上、 これが事実だ。
ジャパンライフ側が安倍を利用したという だけの話ではない。招待前年の2014年に、 安倍政権が、ジャパンライフへの立ち入り 検査を潰していたという経緯も明らかにな りつつある。森加計と同様、親しい仲、利 害の一致する仲だったのではないか。

“証拠隠滅”政権
菅官房長官は、招待者名簿のデータ は復活できないという答弁を繰り返 す。毎年開催する会の名簿をわざわ ざ完全消去することなど世の中ではあ りえないことだが、政権にとって都合 の悪いことは隠してしまう。南スーダ ンに派遣された陸上自衛隊の日報や、 財務省が森友学園に国有地を8億 円余り値引きして売却した交渉記録も 「廃棄」され、政府は説明を拒んで きた。安倍政権は証拠隠滅政権だ。

※「桜を見る会」とは

「桜を見る会」は1952年以来、「首相が各界で 功績・功労があった人たちを招き、親しく懇談 する内閣の公的行事」とされてきた。招待範囲は 「皇族元皇族」「各国大公使等」「衆参両院議 長および副議長」「最高裁判所長官」「国務大 臣」「副大臣および政務官」「国会議員」「認証 官」「事務次官等および局長等の一部」「その 他各界の代表者等」などの11区分に限ってお り、そもそも首相の後援会が支持者に案内状を 出し、参加者を集めるような行事ではない。


最新記事
問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード