コロナ禍での8・6ヒロシマ大行動に参加・連帯を

NAZENいけぶくろブログより
8・6大行動2020第二弾 (1)_page-0001

被爆75周年のヒロシマ・ナガサキ祈念の日がやってきます。

今年はコロナ禍で原水禁・原水協の世界大会も中止だそうです。
そうしたなかで、8・6ヒロシマ大行動は今年もがんばって開催されます。

20200731_国際連帯
参加できない海外の方々からメッセージ。



台湾の桃園市産業総労働組合より


コロナ感染で平和公園に一般入場者は立ち入れないとしながら、金権腐敗の安倍首相と河合夫妻らの議員は平和式典に招待!?

0416報道記事まとめ_page-0001

今年の式典はコロナを理由に異例づくめ

 広島市は5月、コロナ対策を理由に8月6日の平和記念式典への参加可能者数を例年の1割の最大880席とすることを発表しました。コロナ対策のために、席数が減ってしまうことはやむを得ないことです。ところが、減らされた「9割」の内実は被爆者の遺族や一般市民、そして残された「1割」の内実は汚職議員も含む国会議員や県議・市議らだとなれば、話は変わってきます。これは、感染対策を悪用した、一般市民の締め出しに他なりません。
 残された「1割」の中には、汚職疑惑で起訴されている河井克行・案里夫妻を筆頭に、汚職議員も多数含まれています。選挙で現金を配った河井夫妻はもちろんのこと、それを受け取った議員も同じく犯罪者です。被爆者遺族などの一般市民を締め出してまで確保した貴重な「880席」——そこに汚職議員を招くというのです。

正義なきところに平和はない!

 「真の平和とは単に緊張がないだけではなく、そこに正義が存在することである」——これは、米国の公民権運動の指導者であるキング牧師の言葉です。式典に汚職議員を来賓として参加させ、それに抗議する人々は拡声器の音量規制などで黙らせる。そうすれば、たしかに波風は立たず「緊張」はないでしょう。しかし、そこに正義は一片もありません。
 一般市民を排除しながら選挙違反の国会議員・地方議員を多数式典に参加させておいて、本当に慰霊や平和の追求ができると市は考えているのでしょうか。理不尽に残酷な死を強制された被爆者の霊は、選挙違反を居直って辞職もしない議員らが平然と平和式典に参加することを「慰みだ」と喜ぶでしょうか。
 平和式典に何事もなかったかのように汚職議員が参加し、口先ばかりの「平和」を語る。その上、誰もそれに声をあげない状況。そんなものを作り出して、テレビで全国・全世界に発信する。それこそ、「ヒロシマ」であり反戦反核運動に取り組んできた日本の人々の恥ではないでしょうか。こんなことは絶対に許してはなりません。



安倍首相は平和式典にふさわしくない!

 今年の式典には、安倍首相も内閣総理大臣として招待されています。そもそも安倍首相は、戦争を見据えて憲法の改悪や自衛隊の軍備強化に猛進している人物です。核兵器禁止条約への日本の参加について、被爆者から直接訴えられても、不誠実な対応を取ってきました。安倍首相は米トランプ大統領との外交関係以上の「仲の良さ」を強調もしています。しかし、そのトランプ大統領は7月16日、75年前の世界初の核実験を「驚くべき偉業」と声明。核による世界支配を全面的に肯定し、再びの核戦争に突き進もうと核軍拡を進めています。トランプ大統領と「仲良し」の安倍首相は、こうした米国の戦争政策や核兵器賛美発言に一言も抗議をしていません。
 さらに今年は河井汚職です。河井マネー1億5千万円は、その出処を見れば「安倍マネー」です。河井汚職は、安倍も共犯者です。河井夫妻や河井マネーを受け取った汚職議員だけでなく安倍も汚職関係者に該当します。安倍首相は二重の意味で、平和式典にふさわしくありません!


黙って見過ごしてはいけない!

 こうした不正義を黙って見過ごすわけにはいきません。それは被爆者への冒涜であり、広島の恥を全世界に晒すことになります。被爆者・広島市民が占領軍(GHQ)の禁圧などを打ち破って取り組んできた反戦反核闘争。その歴史を安倍や汚職議員が汚すのを座して眺めるわけにはいきません。共に声を上げましょう。8.6ヒロシマ大行動は8月6日当日にもデモを行います。ぜひご参加ください。






7月23日「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」江古田上映会&トーク

北部「棘」7.23江古田上映会チラシ・オモテ

関西生コン労組への弾圧を許さない

ドキュメンタリー映画
「『棘』ーひとの痛みは己の痛み。武建一」
江古田上映会

●7月23日(木・休) 
ギャラリー古藤
西武池袋線:江古田駅南口徒歩5分 練馬区栄町9-10 電話:03-3948-5328

14:00 上映①開始
15:20 杉浦弘子監督トーク
16:30 上映②開始(17:35終了)

上映協力金1000円

※コロナ感染対策のため、上映①②とも、座席25席定員・入れ替え制とします。
 (上映①と②の間の杉浦監督トークは30席程度)
※予約優先とします。下記にご連絡下さい。

主催:「棘」上映江古田実行委員会
TEL:03-6914-0487 Email:tokyohokubu-union@yahoo.co.jp
東京都豊島区西池袋5-13-10ハイマート西池袋603号(東京北部ユニオン)


語り:大久保鷹
監督:杉浦弘子
プロデューサー:平林 猛/藤山顕一郎
制作:ドキュメンタリー映画『棘」製作委員会



奄美群島 徳之島。琉球王朝や薩摩藩の圧政に苦しんだ島。しかしその圧政にも耐え抜いて生きてきた人々。その反骨の島に生まれたのが、関西地区生コン支部執行委員長武建一である。生コンクリートの産業別労働組合を立ち上げ、大手セメント会社やゼネコンから労働者を守っている。現在77歳。度重なる弾圧のなか、昨年不当逮捕され、現在も勾留中である。半世紀近く闘いを続けているその反骨の魂はどこから来るのか・・・人間 武建一を描いたドキュメンタリー映画「『棘」ひとの痛みは己の痛み。武建一」全国各地で上映会を実施中。




toge1
誰でも生まれながらにして「正」や「義」や「疑問」の心を持ちあわせてきたはずだ。しかし歳を重ねていくと、いつしか忘れてしまう。まるで「棘」が抜け落ちるように。その「棘」を77歳になった今でも持ち続けている男がいる。全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建一である。 
でも、こんな世の中、こんな男がいてもいい。

toge2徳之島生まれの一人の男、武建一の半生を描いたヒューマンドキュメンタリー。 
その男は、19歳の時に島を出る。 
大阪生コンクリート会社のミキサー車の運転手として睡眠時間2時間という過酷な環境の中で「故郷に錦を飾る」べく働いた。 
しかし、ある日、仲間が突然解雇となる。 
その男は、会社に抗議をした。 
「俺の仲間を明日から来るなとは、なんねん!」と。 
そこから、男の人生は激変する・・・・・。 
労働者を守ろうと労働組合を作り、奔走。そしてはや55年が過ぎた。 
しかし労働環境の改善、賃金の値上げ交渉・・・・労働者のため、中小企業のため、交渉すればするほど、親会社や仕入れ先の大手セメント会社や建設を請け負うゼネコンからは嫌われる。 
組合やその男に対する弾圧は厳しいものがある。そんな中でも屈せず、身を挺して闘っている。 
いったいその不屈の精神はどこからくるのだろうか・・・。
 
toge32018年3月11日の春闘のときの武建一。この時は、250台以上の生コンクリートミキサー車で大阪市内をパレードした。 

「コロナ雇止め許さない!」池袋でストライキ

東京北部ユニオンブログより
s-IMG_20200628_095912 (1)

6月26日、池袋で人材派遣大手の「ヒト・コミュニケーションズ」のグループ企業での時限ストライキが行われました。ちば合同労組による6月末雇い止め撤回の抗議の社前行動に、私たち東京北部ユニオンも合流して共にたたかいました。

IMG_20200628_095840bちば合同労組のAさんが働いてきた「SALES ROBOTICS」社の職場は、「ヒト・コミュニケーションズ」の本社ビルの中!
池袋駅東口からすぐです。

新型コロナ感染拡大による影響で解雇や雇い止め、派遣切りが激増しています。「SALES ROBOTICS」社は、インバウンド関連のコールセンター業務が減少したことを雇い止めの理由としていますが、有期雇用の契約社員を業務量に応じて増減させればよいとしか考えていないのです。
3月末にも20人の労働者を雇い止めし、さらにまた6月末で雇い止めを強行! 絶対に許せません。
「SALES ROBOTICS」社は、企業としての〝雇用責任〟についてはほとんど考慮することなく、有期雇用労働者を雇用の調整弁としてしか考えていないのです。

ちば合同労組が6月26日に行なった団体交渉では会社側弁護士が「3か月の有期雇用であり業務がなくなったから雇い止めになるのはアンラッキーだがあきらめてくれ」と主張したそうです。

私たち労働者は、ねじくぎなどの部品じゃない! 血の通った、家族も生活がある労働者をなんだと思っているんだ!
土砂降りの中でのスト支援行動でしたが、当該の組合員も元気に闘いぬきました。ちば合同労組と私たち東京北部ユニオン・東京西部ユニオンも連帯を込めて傘をさしてビラをまき声をあげました。

IMG_20200628_101358b
タクシー労働者で自らも不当解雇経験のある藤井副委員長は、マスコミでも話題になった「ロイヤルリムジン」での600人全員の解雇に対して複数の組合が立ち上がり、解雇を撤回させたことを報告し、当該組合員にエールを送りました。
「ロイヤルリムジン」での解雇は当初「休業補償よりも失業保険の方が労働者のため」「事業が上向きになったら再び雇う」との社長の言葉が肯定的にネットで拡散されましたが、真っ赤なウソでした。
再雇用を前提にしての失業保険給付などできませんし、雇用努力もしない一方的解雇は「整理解雇4要件」も完全に踏み外した暴挙でした。

いま、新聞が報じているだけでも数万人の労働者がコロナ感染の中での解雇・雇止め、失業の脅威にさらされていますが、その多くが「ロイヤルリムジン」や今回の「SALES ROBOTICS」と同じく、デタラメな不当解雇です。
ただただ企業の利潤のための一方的な解雇に「仕方ない」とガマンする必要などありません! 今回団交とストに立ち上がった当該の労働者のように声を上げていきましょう。

今回のストライキ行動は、池袋駅直近にある大手人材派遣会社人コミュニケーション本社ビル前で解雇・雇い止め反対を訴える社会的に大きな意義があります。ストをたたかった当該組合員などちば合同労組に敬意を表するとともに、なんとしても解雇撤回をかちとるために共に闘っていきたいと思います。


link-logo_rodo931
私たちは、全国33のユニオンが連携して労働相談活動を行っています。
解雇・雇止め、パワハラ・セクハラ、コロナ感染の職場安全……
いつでも連絡くださいね!

豊島区・板橋区・文京区・北区・練馬区などにお勤め・お住まいの方は、直接東京北部ユニオンに電話ください。またはブログのメールフォームから連絡ください。
電話03-6914-0487

問い合わせ・ご意見などはこちら

名前
メール
本文
記事検索
私たちの紹介
「改憲・戦争阻止!大行進」運動(呼びかけ:西川重則(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、花輪不二男(世田谷地区労顧問)、森川文人さん(憲法と人権の日弁連をめざす会)、動労千葉・関西生コン支部・港合同などの労働組合)の呼びかけに応え、東京北部地域(練馬区/板橋区/豊島区/文京区/北区)での実行委員会を結成し、活動しています。

◎呼びかけ人 五條敦(とめよう戦争への道!百万人署名運動・東京北部連絡会代表:板橋区)/岡田英顯(「君が代」被処分者:北区)/高橋浩(東京一般労組東京音楽大学分会長:豊島区)/一陽会労働組合(練馬区)/一般合同労働組合東京北部ユニオン(豊島区)/NAZENいけぶくろ(豊島区)/無実の星野文昭さんを取り戻そう!東京北部の会(板橋区)

◎連絡先
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋5-13-10-603 東京北部ユニオン気付  
TEL:03-6914-0487 
メール:tokyohokubu-daikoushin@yahoo.co.jp

◎地域運動体→
 つながろう!北区憲法トークCafe
 STOP!改憲ねりま懇談会
 NAZENいけぶくろ など
QRコード
QRコード